千葉琴美さん/ニューヨーク市立大学クイーンズカレッジ アーロン・ コープランド音楽学校

-まず簡単な自己紹介ということで、現在までの略歴を教えてください。留学する前までの音楽の経験は? 何歳からなさっていましたか? 千葉様:4歳でピアノを習い始め、音楽科のある高校に進学、日本の音大を卒業し、ニューヨークの大学院修士課程に入学しました。 -留学したきっかけを教えてください。 千葉様:大学在学中に一年間ニューヨークの音楽大学(マネス音楽院)に留学する機会があり、その際に素晴らしい先生との出会いがあったこと、またニューヨークという土地のエネルギーや芸術の文化に魅せられたことがきっかけで、ニューヨークの大学院進学を決意しました。 -どうやって現在の学校を選びましたか?現在の学校に決まるまでのいきさつを教えてください。また。決め手になった点はなんでしょうか? 千葉様:ニューヨークで知り合った先生の紹介で、アーロン・コープランド音楽学校を選びました。決め手は、実技はもちろん、音楽理論や音楽史など、一流の素晴らしい教授陣でした。また、市立の学校なので、学費が私立と比べて格段にお手頃です。 -どのような試験・出願書類が必要でしたか?何か書き方のコツはあるのでしょうか?また、試験の思い出、苦労話などありましたら、教えてください。 千葉様:試験は、実技と音楽理論で、TOEFLのスコアや推薦状、志望理由書など様々な書類の提出が必要です。一番苦労した点は、TOEFLの勉強や、英語で音楽理論を理解しなければいけないことでした。 -手続きで苦労した点はなにかありますか? 千葉様:手続きで苦労した点は、語学面です。また、ビザの手続きも提出書類が多く、大変でした。 -留学準備はどのくらい前から始めましたか? 千葉様:留学する約10ヶ月ほど前から、徐々に準備を始めました。 -学費はどう捻出しましたか? 千葉様:両親が経済的に支援してくれています。 -語学は日本でどのくらい勉強しましたか?現地でも語学学校に行った方がいいでしょうか? 千葉様:留学を決意してからは、TOEFLのために必死に勉強しました。アメリカの大学院に留学するにはTOEFLが必須です。現地で語学学校へ行くと、お金も時間もかかってしまいますし、海外で先が見えないと不安が増すと思います。日本で早い段階からできる限り英語を習得し、正規の学生としての進学が決まってから留学することが私にとっての条件でした。 -学校はどんな雰囲気ですか?その学校ならではの特徴は何かありますか? 千葉様:学校は、素晴らしいホールや練習室などが充実しており、とても良い環境です。また、総合大学で敷地が広く、緑も多くリラックスした雰囲気です。 -日本人はどのくらいいますか? 千葉様:日本人は、全員と知り合いになれるほど少ないです。ピアノ専攻は私だけです。 -学校の授業はどのように進められますか?日本でしっかりやっておいたほうがいい勉強などありましたら、教えてください。 千葉様:どんな授業でも、意見を求められることが多くあります。自分の意見をしっかり持ち、発言する力が必要だと日々感じます。 -先生はどうやって探しましたか? 千葉様:初めてニューヨークへ留学した際は、全くツテがなかったので、日本のピアノの先生と相談し、マネス音楽院のホームページから自分に合いそうな先生を探しました。現在は、学校で出会った先生に直接お願いし、レッスンを受けています。 -日ごろ練習はどのようにしていますか? 千葉様:毎日学校で練習しています。 -学外でのセッション、コンサートなどは行われますか? 千葉様:頻繁に行われています。 -1日の大体のスケジュールを教えてください 千葉様:朝9時ごろから夜9時ごろまで学校で過ごしています。今学期は授業は週に2日、午後にしかありません。午前中は個人で練習し、授業のない日は午後に個人練習のほか室内楽の合わせをしたり、授業の課題をしたりしています。 -現地の音楽業界へのツテはできますか? 千葉様:努力や縁次第で、何らかのツテはできると思います。 -周囲の人の学習態度に関しては、日本とどう違いますか? 千葉様:周りのアメリカ人の生徒は、授業中にとても積極的に意見を述べたり、質問したりしているなと感じます。 -授業以外はどのように過ごされていますか? 千葉様:授業以外の時間は、練習をしたり、学内での演奏会へ行ったりすることが多いです。 -日本人以外の人たちと付き合うコツはありますか? 千葉様:まず英会話力を伸ばすことです。また、堂々とした態度でいること、相手の話をよく聞くことが大切だと実感しています。 -生活費はだいたい1か月いくらぐらいかかりますか? 千葉様:私の場合は、1000ドルから1100ドルくらいです。 -留学してよかったと思える瞬間はありますか? 千葉様:ニューヨークならではの最高のパフォーマンスを見ることができた時や、様々な国の色々な価値観や考えを持つ人たちと、違いを乗り越えて友達になれた時などです。自分の世界が広がり、音楽の表現にも大きく活かされます。 -留学して自分が変わった、成長したというところはありますか?例えばどんなことですか? 千葉様:色々なことに対して、より明確な意見を持てるようになってきました。そのことによって、前よりも演奏に説得力が出たのではないかと思います。 -今後はどのような進路を考えていますか? 千葉様:日本で音楽活動をしていきたいと考えています。 -これから留学する人が、心しておかなければいけない点、アドバイスしておきたいことがありましたら、お願いします。 千葉様:強い意思としっかりとした目標を持って、でも気負いすぎずに頑張ってください。 -ご協力ありがとうございました。

★10/12(土)台風による臨時休業のお知らせ★

平素は格別のお引き立てを賜わり厚くお礼申し上げます。

台風19号接近に伴い、10/12(土)は臨時休業とさせていただきます。
なお、翌10/13(日)は状況により、開店時間を遅らせていただく場合がございます。
お客様にはご不便をおかけ致しますが、予めご了承ください。

どうぞ宜しくお願い致します。

【大阪】2020年2月11日(火・祝)出張留学説明会のご案内

いつも大変ご好評頂いている、出張説明会を2020年2月11日(火・祝)に大阪で開催致します。

音楽・ダンス留学をご検討の方々に大阪でお目にかかれるのを楽しみにしております♪

ご参加は無料ですので、ぜひふるってご参加下さい。
※事前予約制/先着順ですので、ご予約はお早めがお勧めです!!
※無料カウンセリングは、1組60分程度となります。定員以上になった場合は、申しわけございませんが、お電話もしくは東京オフィスにてご対応させていただきます。

--------------------------------------------
【大阪会場】
◆日時:2020年2月11日(火・祝)9時30分~20時予定
※完全予約制/個別相談会

◆会場
【会場】エル・大阪 6F 608号室(予定)
*京阪地下鉄谷町線「天満橋」駅より西へ約300m
〒540-0031 大阪府大阪市 中央区北浜東3−14

--------------------------------------------

時間 予定
09:30-10:50 個別カウンセリング(1) 募集中
10:50-12:10 個別カウンセリング(2) 募集中
12:10-13:30 個別カウンセリング(3) 募集中
13:30-14:00 休憩
14:00-15:20 個別カウンセリング(4) 募集中
15:20-16:40 個別カウンセリング(5) 募集中
16:40-18:00 個別カウンセリング(6) 募集中
18:00-18:20 休憩
18:20-19:40 個別カウンセリング(7) 募集中

♪参加ご希望の方は、

予約フォーム

からご予約ください。※説明会予約をご選択下さい。
お電話でのご予約も承っております♪
電話:03-3278-3450
FAX:03-4496-4903
メール:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

淡田 理恵さん/ダーティントン国際音楽サマースクール

2012年 トロンボーンを始めました。中学入学です。 村上美希先生に師事しています。 -簡単な自己紹介、今までの経歴をお願いできますか? 淡田様:中学1年生から部活でずっとやってて、高校2年の春で引退して、あとは個人でやっています。 -今回ダーティントンを選ばれた理由は何ですか? 淡田様:吹奏楽がやりたくて、吹奏楽の講習ができるところを探したらダーティントンが見つかったので、そこに行こうと思いました。 -今まで国内外の講習会には参加されたことはありましたか? 淡田様:いや、初めてで。トビタテ!留学JAPANを使ったので、それがきっかけで探しました。 -トビタテは実際にやってみてどうでしたか?行く前のミーティングとかもあったと思うんですけど。 淡田様:分野が違う子とも話して、いろいろ情報交換したり。でも海外に行ったことがある子がほとんどで、結構海外のことも聞けたりとか、こういうのおすすめだよ、というのを教えてもらったりしました。 -交流会は何人ぐらい集まっていたんですか? 淡田様:そのときは500人ぐらいで。それを東京で2日で分けてやって、あと1回、大阪会場のほうで。結構多い人数でした。 -ダーティントンの講習会にはどれぐらいの方が参加されていましたか? 淡田様:全体はよくわからないですけど、ブラスだと15人ぐらいで、プラス、講習者ではないんだけど、前来ていて、合奏だけ参加という人もいて。その人たちも合わせると結構な人数になりました。 -講習会でのスケジュールはどんな感じでしたか? 淡田様:7時から朝ご飯で、9時15分からセクションで、ブラスウォームアップセッションがあって、そのあとコーヒー休憩があって、11時15分からトロンボーンの低音セクションがあって、そのあとお昼を食べて、2時からブラスアンサンブルがあって、そのあと4時半からビッグバンドがあって終わりで。そのあとは夕飯を自由に食べたりして、夜はコンサートとかもあったので、勝手に見に行ってもいいし、みたいな。 -結構長丁場ですね。体力的に大丈夫でしたか? 淡田様:楽しいからアドレナリンが出て、そんなには。一緒にいたトランペットの男の子、その子もヘロヘロでした。 -先生とかスタッフはどんな感じでしたか? 淡田様:スタッフもすごく優しくて。ベットも毎日きれいにしてくれるんです。あとは先生、Paul Archibald先生とBrett Baker先生がよく面倒見てくれたんですけど、2人めっちゃ優しくて。あまり英語得意じゃないんで、輪に入れるかな、みたいな感じだったんですけど、大人ばかりの講習会だったのでかわいがってくれて。打ち上げやると言って、カレー屋さんに行くと言われて、子どもだからちょっと遠慮したんですけど、ポールが一緒に行こうよ、みたいに誘ってくれて、一緒に行ったりもしました。 -ブラスのコースの参加者はイギリス人が多いんですか? 淡田様:イギリス人が多かったです。日本人は見なかったです。3週目に1人日本人がいたと教えてくれて。でもその人もロイヤルフィルでバイオリンを弾いている人みたいでした。 -イギリス人の方はどんな方が多かったですか? 淡田様:アマチュアのバンドでやっているとみんなほとんど言っていました。 -コンサートや演奏会は行きましたか? 淡田様:ホールがあって、そこでいつも毎日何かしらのコンサートをやっているんだけども、講習会の時期だけ講習会参加者はカードを見せればチケットなしで入れるみたいな感じで。ポールとブレッドのコンサートを。すごかったです。日本だとすごく高いお金払って見に行かなきゃいけないやつを、近くのほうで見れるんですよ。 -ホールってどれぐらいのサイズなんですか? 淡田様:ホールは、教会を改装した感じで、そんなに広くはないんですけど、近くで見れました。 -自主練習はどうされていましたか? 淡田様:学生寮を改装したホテルで、夜9時までは吹けるんです。だから、帰ってきたあとにまた個人練習したりして。それで、時間を守れば自分で好きにできるので、よかったです。 -食べ物はどうでしたか? 淡田様:日本クオリティを求めなければおいしいのかなと。 -朝はビュッフェですか? 淡田様:いつも頼めば、ビュッフェがいろいろ並んでいて、これ、と言えば取ってくれて。朝昼晩それでした。でも朝はいつも同じ食事が出ていたんですけど、クロワッサンがおいしかったです。スクランブルエッグとベーコン。あとソーセージもあったし、トマトの香草焼きみたいなものもあっておいしかったです。 -お昼はどんなものが? 淡田様:お昼は、あまり肉系じゃなくて、1回おいしそうだと思ったらまずかったんですけど、みずみずしいカボチャの中に、天かすの油ギトギトにしたみたいなやつが詰まっていて、見た目はすごくいいんですけど油っこすぎて。 -そうなんですね。夜はどんなものがでました? 淡田様:夜はチキンとか、1回牛肉とデミグラスソースみたいなやつが出たりして、夜は結構おいしかったです。あと、昼と夜は基本ケーキ出ているので、食べました。 -飲み物は普通に買えました? 淡田様:ダーティントン自体観光地だったので、水もジュースもお菓子も買えて。アイスも買いました。日本では結構飲んでいたんですけど、向こう行って水しか飲まなくなっちゃって。 -宿泊先と講習会場はどうやってに行かれてました? 淡田様:近かったので歩いて行きました。でも私が泊まったホテルじゃないホテルがもう少し遠くにあると言っていたので、そっちだと遠いかなと思いました。 -外国の方とお話するうえで上手くお話するコツみたいなものはありましたか? 淡田様:向こうの人ってすごく気にかけてくれて、ほとんど叔母さんみたいな感じで。だから子どもというか、向こうで私結構幼く見えるので、すごく気にかけてくれて、向こうからコミュニケーションを取ってくれて、それに応えればよかったです。 -今回のダーティントンの講習会に参加してよかったなと思うところはありますか? 淡田様:海外の人って、レベルが全然違うんです。普通にトランペットの楽譜をパパっと渡されて、読めちゃうし。トロンボーンと調が違うじゃないですか。それを普通に読み始めて、は?みたいな。そういうのは日本ではやらないけど、向こうだとやらなきゃいけないから、ひと段落したらそういうのも頭使っていこうと思ったし、先生が合奏中とかにここなんか違くない?って言っても反論するんですよ。いや、これは言うこと聞いておこう、ぐらいのやつも反論して。僕は間違っていない、みたいな。マジ?と思って。それでよく見たら、あ、違った、ごめん、って軽くって。そのぐらい主張しても、先生も考えるし、向こうも考えるしで、日本みたいに受け身じゃなくてすごく面白いなと。あと、いつも部活単位で動いていたので、つながりが部活の中だけだったんですけど、LINEみたいなグループがあって、それに入れてもらえたりして、つながりがちゃんとできて。ブレットとかポールとかもそれに入っているから、また来年も来なよ、とか言ってくれたりして。 -いいですね。逆にすごく困ったな、ということはありましたか? 淡田様:最初のときは、毎年やっているやつみたいで、大体いつも同じメンバーなんですよ。だから空気出来上がっちゃっていて、みんな知り合い、みたいな。どうしよう?あれ?と思ったんですけど、でも最初だけで、みんな話しかけてくれて。それで、レッスン場所が離れているんです。牧場を突っ切ったこともあったんですけど。そしたら、場所わかるか?って聞いてくれて、わからないと言ったら、じゃあ連れて行ってあげるから時間の20分前にここに集合ね、って教えてくれて。 -音楽の教え方で日本と海外の違いは感じたりしましたか? 淡田様:はっきりは言っていました。自分が習っている先生は、オブラートにつつんで、これはこうしたほうがいいじゃない?みたいな。でもはっきり言っていて。理由もちゃんと言ってくれたり。あとは、ブレットに言われたのが、スライドを上げるときに息が返ってくるじゃん?って言われたんですけど、はあ、みたいな感じだったら、いきなりピストルみたいな真似されて、びっくりしたんですけど、わかりやすくやってくれるので、よかったです。 -通訳なしでもいろんなことを吸収してきて。すごいですね。ちなみにトロンボーンってどうやって持っていきましたか? 淡田様:飛行機、2席とったんですけど、上に乗せてもいいみたいで。入る?と思ったんですけど、持ち込んだらキャビンアテンダントさんに、これは上に上げますか?手伝いますか?って言われちゃって、いや、2席とっています、ってなったので。上に上げてもいいのかな?って思いました。 -プライベートレッスンのお話を伺っていこうと思います。すごく気に入られて、追加レッスンしたいとおっしゃられて。どの辺がよかったですか? 淡田様:やっぱり、はっきり言ってくれる。今教わっている先生よりも、1回のレッスンで伸びる感覚が全然比にならなかったし、1回エチュードを吹いて、そこから気になったところを抜粋して、練習メニューとか教えてくれていたりしたんですけど、全然新鮮で、超楽しかったです。 -今後淡田さんみたいに高校生でトビタテを使いたい人はいっぱいいるんですけど、何かアドバイスがあったら教えてもらってもいいですか? 淡田様:やる気があれば。やる気と具体性があればなんとかなるかなと思いますあと、運。 -今後、講習会やマスタークラスを受けたいと思う方に対して何かアドバイスがあったら教えてください。 淡田様:英語とか私できないと思って行って、できないなりに話したので、文法とか必死に考えて話せなくなるよりも、話したら向こうも話返してくれるというか。ちゃんと話したほうが思ってて、でも英語できなくて、もうちょっと勉強していったらよかったなと思いました。向こうに行って、海外で音楽やったほうがレベルがアップできると思ったんですけど、まだ全然私、向こうに行ってアマチュアの人にも面倒見てもらう感じで。だから日本で1年勉強したあと、できれば海外で留学をしたいなと思いました。海外のほうが、レッスンとかもやりやすかったです。ロンドンは、きれいでした。公園とか、1人で観光とか行ったんですけど、行きやすいし、でもみんな結構気にかけてくれる感はあって。みんな優しくて。ロンドンいいところだなと。 -貴重なお話ありがとうございました。

★【☆ウィーン国立音楽大学教授/ピアノ公開レッスン☆】★

Information Session
~ウィーン国立音楽大学教授/ピアノ公開レッスン~
完全予約制
世界最高峰の音楽大学への音楽留学をお考えの方必見!!

講師:コンスタンティン セミリャコフス
日時:12月20日(金)
場所:≪アンドビジョンホール≫
〒101-0052
東京都千代田区神田小川町3-8 神田駿河台ビル2階
JR御茶ノ水駅御茶ノ水口から徒歩7分、東京メトロ半蔵門線神保町駅から徒歩5分程度
情報公開後わずか1週間足らずで満席となってしましましたので、急遽追加レッスンが決まりました。
まずは空き確認を!

お電話・FAX・メールでのご予約も承っております♪    
電話:03-5577-4500  FAX:03-4496-4903 メール:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

【2019年10月音楽留学説明会】国別、ジャンル別説明会のお知らせです

【特別開催!】♪10月留学説明会開催のご案内♪

♪2020年のスケジュール表が並ぶ時期、来年について考える時期になりましたね。将来に向けて、色々な選択肢を見てみてはいかがでしょうか? 費用のこと、手続きのことなど専門カウンセラーが色々とお話しします♪

◆開催時間および開催場所
【開催場所】アンドビジョン〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-8 神田駿河台ビル2F(お茶の水、神保町、小川町最寄)
音楽留学入門編:月~金 毎日17:00~
特別編は下記の通り

◆開催講座
10月

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
1 2 3 4 5 6
18:30~【国内講習説明会】 AIMS(And Vision International Music School)留学準備コース 18:30~【どんな方でも】イタリア語と音楽留学 18:30~【どんな方でも】ドイツ語と音楽留学 18:30~【どんな方でも】フランス語と音楽留学 11:00~【国別留学説明会】ドイツ/オーストリア 11:00~【ダンス】 コンテンポラリー留学説明会ヨーロッパ
7 8 10 11 12 13
18:30~【国別留学説明会】アメリカ/クラシック 18:30~【国別留学説明会】アメリカ/ジャズ・ポップス 18:30~【ダンス】 コンテンポラリー留学説明会 ヨーロッパ 18:30~【国別留学説明会】イギリス 18:30~【国別留学説明会】オランダ 【公開レッスン】ベルギーダニエル・ルービンシュタイン先生(Vn/Vla) ★受講生募集中★ 11:00~【冬休み渡航者向】 ウィーン冬期講習会
14 15 16 17 18 19 20
祝日 18:30~【国別留学説明会】ロシア 18:30~【冬休み渡航者向】 ウィーン冬期講習会 【公開レッスン】イタリアマウリツィオ・ペペ先生(Vn) トマス・カルダル先生(Répétiteur)★受講生募集中★ 18:30~【国別留学説明会】イタリア 11:00~【高校生対象】トビタテ留学JAPAN説明会 11:00~【国内講習説明会】 AIMS(And Vision International Music School)留学準備コース
21 22 23 24 25 26 27
18:30~【国別留学説明会】フランス 祝日 18:30~【ダンス】 バレエ留学説明会ヨーロッパ 18:30~【短期留学説明会】 18:30~【春期留学説明会】クラシック 器楽ヨーロッパ 【公開レッスン】フランスフランソワ・ルーション先生(Vo) オノレ・ベジャン先生(pf)★受講生募集中★ 11:00~【ダンス】 バレエ留学説明会アメリカ/サマー
28 29 30 31
18:30~【春休み渡航者向】 ウィーン音楽留学 18:30~【春休み渡航者向】 ドイツ音楽留学 18:30~【ダンス】 バレエ留学/講習会説明会 18:30~【春休み渡航者向】 フランス音楽留学

♪参加ご希望の方は、

予約フォーム

からご予約ください。
お電話でのご予約も承っております♪
電話:03-5577-4500
FAX:03-4497-4903
メール:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

M.Kさん/ルツェルン音楽祭アカデミー

-まず簡単な自己紹介、現在までの略歴を教えてください。 M.Kさん:ピアノ講師をしている母に薦められ五歳の時にヴァイオリンを始めました。桐朋学園の子供の為の音楽教室に入室して音楽の基礎を学び、高校大学と桐朋学園に進学しました。 -今まで講習会などに参加したことはありますか?海外に行かれたことはありますか? M.Kさん:今までにもいくつか海外の講習会には参加したことはありますがスイスでの講習会は初めてでした。 -この講習会に行きたいと思った理由やきっかけはなんでしょうか? M.Kさん:現代音楽に特化した音楽祭というのは中々数もありませんし、その中でもじっくり二週間コーチング付でコンテンポラリーオーケストラレパートリーを学べるというのが魅力的でした。また講習期間中の生活費や現地までの飛行機や電車も全額主催者側が支給してくれるというのも大きな理由です。 -参加者は、どのくらいの人数がいましたか?また、どんな人が参加していましたか? M.Kさん:世界中から100人程選ばれていました。年齢層も幅広く学生からプロオケで働いている参加者も数多くいました。 -講習会はどんなスケジュールが組まれていましたか? M.Kさん:二週間ほぼ毎日コーチングやリハーサルがありました。オーケストラトレーニングなので個人レッスンはありませでした。 -先生はどんな人でしたか?スタッフはどんな人でしたか?何名くらい居ましたか? M.Kさん:今年はJack QuartetのChristpher OttoとAustin Wulimanがヴァイオリンのコーチングを担当してくれた他、指揮者はDavid Fulmar、Ruth Reinhardt、Sir George Benjaminがいました。 事務スタッフは4人程でしたが皆とてもレスポンスが早く優しかったです。 -レッスンでは、どんなことを教わりましたか?教わったことで、印象に残っていることはありますか? M.Kさん:現代音楽ならではの特殊奏法のコツや複雑なリズムをいかに正確に細分化するのか等全て新鮮な体験でした。作曲者もリハーサルに参加して、どういったコンセプトで曲を作ったのか、どういう風に弾いてほしいのか等直接お話が聞けたのは印象深いです。 -レッスンは何語で受けましたか? M.Kさん:英語でした。 -レッスンの最後には、コンサートや閉会セレモニーなどがありましたか? M.Kさん:今回は二週間の間に4回ほどコンサートで演奏しました。閉会セレモニーはありませんでしたが、最後のコンサート後に立食形式の簡単なパーティがありました。 -講習会中に、人前で演奏する機会(コンサートやコンクールなど)はありましたか? M.Kさん:私は弾きませんでしたが、メイン会場の裏手にあるバーで自由参加型の野外演奏の場も設けられていました。 -練習はどこでしたのですか?どのくらい練習出来ましたか? M.Kさん:地元のコンセルバトワール三校の練習室を自由に使えた他にもホームステイ先でも練習できました。朝から夜までリハーサルの合間をぬって練習しました。 -レッスン以外の時間は何をしていましたか? M.Kさん:練習したり美術館や観光スポットを巡ったりしました。 -街のようすはいかがでしたか?(治安、人々の様子、外観など) M.Kさん:湖が多くてどこを見ても絵になる景色でした。治安もよく英語も問題なく通じました。 -どこか遊びに行ったところはありますか? M.Kさん:メイン会場付近の湖まで泳ぎにいったり、ショッピングセンターでウィンドウショッピングを楽しみました。 -宿泊先はどこに泊まりましたか?対応はどうでしたか? M.Kさん:ホームステイでした。ベッドルーム一部屋を個人で使えてバスルームとキッチンは共用でした。 -宿泊先の設備はいかがでしたか?(部屋人数、空調、トイレ・風呂、洗濯方法、TVなど) M.Kさん:とても清潔なホストマザーだったので不備なくとてもキレイでした。エコ思考の方で空調システムやテレビは置いていませんでした。 -宿泊先と講習会場はどのように移動しましたか? M.Kさん:シティパスを主催者側が参加者全員に配ってくれたので自由にバスや電車に乗って移動できました。 -ごはんは何を食べましたか?お口には合いましたか?外食は1食何円ぐらいでしたか? M.Kさん:主にサンドイッチやサラダを食べました。スイスはレストランで食事すると高いですし量もとても多いのでテイクアウトを主に利用していました。サンドイッチ一個でだいたい5フラン前後でした。何を食べても美味しくて特にチョコは最高でした。 -海外の人達とうまく付き合うコツはありましたか? M.Kさん:皆とてもフレンドリーだったので特にコツはなかったかなと思います。 -留学中に、困ったことなどはありますか? M.Kさん:楽しい事だらけでありませんでした。 -今回講習会に参加して良かったと思える瞬間はありましたか? M.Kさん:毎日とても充実していたので最後のコンサート後にまた来たいなあと既に名残惜しく感じました。あとベルリンフィル、コパチンスカヤ、カバコス、ツィマーマン等世界的に有名な演奏家 達の生演奏を聴けたのは大満足です。 -留学して、何か自分が変わったなとか成長したなと思う事はありますか? M.Kさん:世界中の意欲ある仲間と交流できて、いくつになっても意識を高く、上を目指し続ける大切さを学べました。 -日本と留学先で大きく違う点を教えてください。 M.Kさん:コーチと生徒が対等でリハーサル中も自由に質問したり発言できたりというのは新鮮でした。全員がプロとしての意識を高く持っているのも新鮮な事でした。 -今後留学する人にアドバイスしておきたいことなどありますか? M.Kさん:最初の一歩は何でも難しいものですが必ずそれに見合う何かを得られるので機会があれば積極的に行ってみてください。 -留学前にしっかりやっておいた方がいい事は何かありますか? M.Kさん:下調べは大事ですし早目早目に動いた方が安心です。 -今後の活動は?進路などありましたら教えてください。 M.Kさん:帰国して演奏活動の他レッスンをしたりしています。 -ご協力ありがとうございます。

志鎌 優成さん/ドレスデン国際バレエサマースクール

2歳からクラシックバレエを始め 2010年、日本ジュニアバレエ入会 -まず簡単に自己紹介、これまでの略歴を教えていただけますか? 志鎌様:2歳からバレエを始めて、小学校6年生ぐらいのときに日本ジュニアバレエという団体に加入しました。あとは、教室でずっと普通に練習しています。 -今までに講習会とか海外に行かれたことはありますか? 志鎌様:今回が初めてですね。 -今回この講習会に行きたいと思った理由やきっかけはありますか? 志鎌様:一度どんなものか、海外のバレエを体験してみたくて、短期間でちょうどいいなと思ったのもあって、やってみようと思いました。 -実際に参加されてみてどれぐらいの参加者人数とか、どんな方が参加されてましたか? 志鎌様:いろんな国の人が10人ぐらいずつ、少ないところだと1人とか3人とか5人とかだったんですけど、全員合わせると300人ぐらいですかね。いろんな人種の方がいました。 -参加者の年齢はどれぐらいの方が多かったですか? 志鎌様:クラス別だったので、基本的に14から、上が22までいたので、17から19ぐらいの人が一番多かった感じですかね。 -ダンスのレベル的にはどうでしたか? 志鎌様:バレエ自体はすごく難しくてできなという感じではなかったんですが、日本でやっている練習方法とまた違う、テクニックではなく一つの動きを練習するような、回ったり足を上げたりというのではなくて、全部を練習するというか、基本的な手の使い方とか角度とか、そういうのを重視していたので、難しいところもありました。基本的な動きを特にやるので、ものすごく難しい感じではなかったです。 -先生が考えたアンシェヌマンをやって、また、先生が止めてみんなに質問を投げかけて、注意して、みたいな、途中で止まって話があったりする感じですか? 志鎌様:そうです。 -いろんな国出身の先生が参加してたと思いますが、講習会は何語だったんですか? 志鎌様:英語ですね。 -英語でのレッスンはいかがでしたか? 志鎌様:動きをしてから英語をしゃべられるので、何を伝えたいのかは動きを見てわかったり、単語を少し並べて、例えば腕とか日本人でもわかるぐらいの英語で説明していただけるので、何を伝えたいかは大体わかりました。あと、精神論というか、ダンサーには何が必要かみたいな。 -精神論に関しては何とおっしゃっていましたか? 志鎌様:ダンサーには何が一番必要かを一人一人に聞いていたり。テクニックが必要だと思います、とか、体幹が必要とか、表情とか。そういうこともありました。 -それはレッスンの時間に中断して話が始まる感じですか? 志鎌様:そうですね。 -講習会は大体どのようなスケジュールで組まれていましたか? 志鎌様:朝、まず1時間半のクラシックバレエのレッスンをしたあと、日ごとにピラティスとバリエーション、次の日がクラシックバレエのレッスンをしたあと、パドゥドゥとコンテンポラリーとか、日ごとによって違って。ただ基本的に一番最初にクラシックバレエのレッスンをやってから違うことをやるという感じですかね。 -このレッスンは楽しかったというクラスはありましたか? 志鎌様:ピラティスを初めてやったんですけど、すごくためになるなと思って、日本でもやってみたいなという感じになりました。コンテポラリーも初めてやったので、最初わからなくて大変だったんですけど、やっていくうちにどうすればいいのかとか、ちょっとだけなんですけどわかってきて楽しくなってきました。 -先生は全員で何人いらっしゃいましたか? 志鎌様:10人ぐらいいらっしゃいました。 -皆さんサポート的にはどうでしたか? 志鎌様:皆さん普通に優しくて、英語がしゃべれないというのを先生に伝えたら、それでも大丈夫と言ってくれて。とにかく英語がわからなくても質問したほうがいいなというのは空気感でわかりました。それでわからなくても別に、何も答えてくれないという感じではなく、優しく丁寧に教わりました。 -今回のレッスンで印象に残っていることはありましたか? 志鎌様:やはり国民性というか、個人の性格も多分あるとは思うんですけど、日本人の謙虚なところというか、外国の方はぐいぐいくるのを感じました。もちろん謙虚になることはとても大切だと思うんですけど、チャンスを逃すという悪い方向に行かないようにしないといけないなと思いました。そこで日本人だから、とか、もちろん人のことを考えて行動しなきゃいけないんですけど、先生に質問するときとか、練習を見てもらうときとか、そこで積極的に行かないとダメだなというのは印象に残りました。 -今回参加された講習会で日本人の方は何人ぐらいいらっしゃいましたか? 志鎌様:僕を含めて6人いました。 -お話とかはされましたか? 志鎌様:男の子が1人いたんですけど、その子とはご飯食べたりとかお話したりしたんですけど、基本的に女の子とはあまりしゃべらない感じでした。 -レッスンのクラスメートとちょっとお話するような感じですか? 志鎌様:そうですね。クラスメートよりもルームメイトのほうがよくしゃべりました。同じクラス、同じグループの子だったので、質問したりとかしゃべったりという感じですかね。 -ルームメイトの方は何人の方でしたか? 志鎌様:スペイン人とアメリカ人とルーマニア人の人がいました。 -ホテルから会場まではどうやって通っていましたか? 志鎌様:路面電車で行きました。歩いても行けるんですけど、歩くと30分ぐらいかかって、路面電車だと歩きを含めて15分ぐらいで行けますね。 -お食事はどうされていましたか? 志鎌様:ホテルのご飯が基本的に出ていたので。あと昼食は、講習会場の食堂で出ていたのでご飯は困らなかったです。ただ、水とかが、水道水が飲めないので、ちょっとカルキの匂いがしたりするので、水もほしくてスーパーとかに寄らないといけませんでした。日本みたいに自動販売機がポンポンある感じではなかったので、そこでスーパーを活用するのに早く時間が閉まっちゃってました。レッスン終わったあと直接スーパーに行ってホテルに帰ったり、という感じですかね。ホテルに1回帰っちゃうと閉まっちゃうので、寄ってから帰るというふうにしていました。 -お店が閉まっちゃうというのは、早く閉まっちゃうということだったんですね。ストとかではなくて。 志鎌様:普通に営業時間が短くて、9時とか8時ぐらいにはもう終わっちゃうんです。練習が大体8時とか6時とかまであったので。 -レッスンのあとは自習とかできましたか? 志鎌様:できました。ただ、夕食の時間が決まっていたので、できて30分とか。1時間ぐらいやっちゃうと夕食が間に合わないので。 -今回は志鎌さんは夕食ありのプランで組ませていただいたじゃないですか。実際受けてみてどうでしたか? 志鎌様:宿泊したホテルの裏にスーパーがあるんですけど、早く閉まっちゃうので、レストラン行くとそれなりの値段もするし。あと、レストランって駅のほうにしかないので、駅まで歩いて10分ぐらいかかっていたので、夕食はつけたほうがいいかなという感じがしますね。 -朝食はパンとハムとチーズとビュッフェ、みたいな感じですか? 志鎌様:そうですね。 -ジュース、牛乳、紅茶やコーヒーがあって、みたいな感じですか? 志鎌様:そうです。 -夜はどんなものが出ましたか? 志鎌様:夕食もそういう感じでした。ビュッフェみたいに、サラダとかパンとかです。温かい食べ物は日によって違いました。サラダとパンと飲み物は全部朝と夜同じなんですけど、暖かいものは日によって変わります。 -町の様子とか、普段の感じはどうでしたか?治安が悪いなとかありましたか? 志鎌様:治安は普通に良かったです。町の雰囲気も、駅のほうに行くと結構人はいるんですけど、ホテルの周辺とか、講習会場は住宅街の中にあるようなところだったので、あまり人がいっぱいいるような感じでもなかったです。あと、日が沈むのが遅いので、10時ぐらいに真っ暗になって、そう考えるとあまり危険ではないかなという感じですかね。 -ルームメイトの方とどこかに遊びに行ったりしましたか? 志鎌様:遊びに行ったりはしてないですけど、次の日が休みの夜のときはみんな駅のほうに飲みに行ったりという人もいたり。あと、屋上にたまり場みたいなところがあって、そこでみんなおしゃべりしていたりとかしました。そこで違うグループの子とか、同じグループの人と仲良くなったりとか、そういう感じですかね。部屋にこもっている人もいるし、人によってそれぞれという感じでした。 -部屋はクーラーはありましたか? 志鎌様:クーラーはなかったです。 -暑くはなかったですか? 志鎌様:それは大丈夫でした。窓を開けると涼しかったりするので。 -レッスン会場の空調とかはどうでしたか? 志鎌様:レッスン会場は普通にクーラーがありました。 -ちょっと寒いとか感じましたか? 志鎌様:いや、寒くはなかったです。ちょうどいい感じでした。 -ウォーマーとかつけている人はいなかったですか? 志鎌様:動く前に上着を着たり、という人は結構いました。 -宿泊先で洗濯はどうしていましたか? 志鎌様:コインランドリーを使っていたんですけど、ホテルのやつが1台しかなくて、しかも壊れていて、町のほうのコインランドリーに、路面電車に乗って行きました。 -それはホテルで教えてもらったんですか? 志鎌様:そうですね。エントランスの方に教えてもらって行きました。 -留学中に困ったことなどありましたか? 志鎌様:路面電車に初めて乗ったとき、ドイツ交通局の人が、覆面みたいな感じで乗っていて切符を見るんですけど、切符の買い方が最初わからなくて、そこで教えてくれたりするわけじゃなくて、逆に罰金を60ユーロほどとられました。日本みたいな改札があって切符がないと絶対入れないという感じではなくて、変な話、無賃乗車できてしまう感じなんです。路面電車の切符の買い方がわかればよかったかな、という感じですかね。あとは、私生活はあまり苦労した、困ったことは特になかったです。 -今回留学して、何かご自身で変わったなとか、成長したなと思うことはありますか? 志鎌様:自分に少しだけ自信が持てたかなと思います。あっちの人ができないことができたり、というのも、ほんの少しなんですけどあったので、自信を持っていいところ、日本のバレエの教え方とちょっと違うんですけど、日本のバレエって基本的にテクニックを先に教えるので、あっちの人はもっと歳を取ってから回転をやったりすると聞いたので、できない人もいました。それで自分ができるところもあったので、自信を持っていいかなとかと思いました。あと1人で電車に乗ったりもしたので、ちゃんと自分でできたというか。そういうところは自信を持って行きたいなという感じです。 -今後留学する人にアドバイスしておきたいことはありますか? 志鎌様:受け身じゃなくて、自分から行かないと周りに流されちゃうので。あちらの人はすごく自分を持っているので、周りのことよりも自分を優先する感じで、そういうところに行った場合は、もちろん周りのことも気にしないといけないんですけど、自分のこともちゃんと考えないと押しつぶされて終わっちゃうと思いました。その場面によっては自分を優先しないといけないとか、臨機応変に対応していくのが大切かなと思います。 -最後に、今後の志鎌さんの活動、進路など、思うことがあったら教えてもらえますか? 志鎌様:一応日本でバレエはやりたいんですけど、世界の国のバレエ団も興味がわいてきたので、縁があったら頑張ってみたいなと思います。今は全然決まっていないんですけど。2週間のプログラムに行ってみて、すごい嫌になるか、挑戦してみたくなるかのどちらかかなと思っていたんですけど、すごく嫌だという感じではなかったです。英語もわからないし大変だったんですけど、もう無理だ、という感じでもなかったのです。よかったら挑戦してみたいなというのもありますね。 -とても貴重なお話しありがとうございました。

★9/11・水 13:00-【☆フル・セイル大学留学説明会☆】学校入試課スタッフが徹底解説致します!★

Full Sail University
Information Session
~フル・セイル大学入学説明会~
参加費無料・完全予約制

講師:国際部(アジア担当)Jessie Sung氏
日時:9月11日(水)13:30-14:30
場所:≪アンドビジョン・東京オフィス≫
〒101-0052
東京都千代田区神田小川町3-8 神田駿河台ビル2階
JR御茶ノ水駅御茶ノ水口から徒歩7分、東京メトロ半蔵門線神保町駅から徒歩5分程度

♪参加ご希望の方は、こちらからオンライン予約フォームを送信して下さい。

※説明会予約を選択→その他ご要望等に“フル・セイル”とご記入下さい。

お電話・FAX・メールでのご予約も承っております♪    
電話:03-5577-4500  FAX:03-4496-4903 メール:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

★2019年9月1日からの営業時間変更のお知らせ★

【営業時間変更のお知らせ 】
誠に勝手ながら2019年09月01日より、営業時間を下記のとおり変更いたします。
 

2019年09月01日より
■月〜金曜日:10:00-19:30 (変更前20:00)
■土・日曜日:10:00-16:00 (変更前18:00)
■祝日は休業となります。(土日は営業しています)

皆様にはご不便をおかけしますが 何卒ご理解とご協力をいただきますようお願い申し上げます。

海外国際音楽コンクールのご参加をアンドビジョンがフルサポート!

月~金 10:00~19:30 土日 10:00~16:00
休日 祝日(土日は営業しています)

03-5577-4500

info@andvision.net

Join Us On

アンドビジョンからのニュースレター