河村まなみさん/バイオラ大学、パサデナ短期大学/ピアノ科専任講師

上野学園中学校、高校、大学でピアノを専攻し、卒業後、公立中学校教諭を3年勤める。 その後ロサンゼルス近郊にあるバイオラ大学(Biola University Conservatory of Music)を経て、 メナヘム・プレスラー氏との出会いをきっかけにインディアナ大学(Indiana University Jacobs School of Music)ピアノ演奏科修士課程へ進む。 終了後、バイオラ大学音楽学部に専任講師として戻り、現在は米国やアジアでソリスト、アンサンブル奏者として演奏活動を続けると同時に、 バイオラ大学とパサデナ短期大学(Pasadena City College)で教鞭を取り、ピアノの個人レッスン、ピアノ科対象のクラス等を受け持つ。 生徒達は大小コンクールに優勝、入賞し、インディアナ大学、イーストマン音楽学校などのメジャーの音大、大学院への進学を果たしている。 -音楽留学の経緯を教えて頂けますか? 河村先生:音大卒業後、私は公立中学校教諭として働き始めたものの、もっとピアノを勉強したいと思っていました。ある日その頃行っていた教会の牧師に、 アメリカのバイオラ大学のピアノ科主任が来るので会いに行ってはと勧められ、その教会のアメリカ人教師からバイオラ大学は米国内のクリスチャンの総合大学の中でトップクラスの学校だと聞いたので、 その先生にお会いし、レッスンを受けました。レッスンの後、スカラシップをあげるからバイオラに来たらと誘って頂いたので、仕事を辞めて留学することにしました。 バイオラ大学の教会音楽科修士課程に編入するつもりでまずは大学入学を許可され、意気揚々と留学したら、行った途端に教会音楽科の閉鎖が決まってしまい、 仕方なく英語や音楽のクラスとレッスンを取りながら、次のステップを探すことにしました。 その2ヶ月後、ボザール・トリオの演奏会に行き、ピアニストのメナヘム・プレスラー氏に感激し、「彼が私の探していた理想のピアニスト。この人に習いたい!」という思いになりました。 その後私はプレスラー先生のマスタークラスでレッスンを受けることができ、先生に習いたい旨をお話ししたところ、 自分が教えているインディアナ大学に来れば教えましょうと言って下さったので、インディアナ大学を受験することにしました。 翌年インディアナ大学大学院に合格したましたが、先生につきたい学生達が世界中から来ていてウェイティング・リストがあったため、 私は一年間別の先生方に付きながら待って、次の夏から2年間先生に教えて頂きました。 -アメリカで音楽を学ぶ良い点、苦労する点などあったら教えて下さい。 河村先生:まず良い点ですが… •アメリカには大変多くの素晴らしい先生方がいらっしゃり、個人レッスンだけでなく、サマーフェスティバルやマスタークラスなどで世界中の多くの先生から教えて頂くチャンスがあります。 私も、もしアメリカに留学していなかったらプレスラー先生に巡り会うことはなかったので、アメリカに行って本当に良かったと思っています。 •アメリカは一般的に自立心を求められますが、音楽の上でも自分で考え表現するということを強く求められるので、 日本で築いた基盤の上にその訓練ができることで、一回り大きな演奏家になれるのではないでしょうか。 •世界の殆どの場所で通じる英語を使えるようになることも、将来の仕事のためには良いことではないでしょうか。 実際私はアメリカ国内だけでなく、シンガポールやインドネシアなどでも英語でレッスンやマスタークラスをさせて頂きました。 •アメリカは大変融通が利く国なので、高校を卒業していれば年齢に関係なく短大、 大学に入学でき、いつでも専門を変えることができ、自分に合ったスケジュールで勉強できます。 苦労する点は目的によって異なるかもしれません。 •もし学位取得を目指すなら、苦労する点は英語での勉強だと思います。 まずはどの学校を受験するにしてもTOEFL等の英語試験で規定以上の点数が必要になります。 大学から入ると一般教養も英語になりますから幅広い英語力が求められ、大学院から入ると音楽の授業だけですが、深い分析力と読み書きの力が求められます。 •ディプロマや演奏証書などの取得の場合は、学校によって違うものの、必須科目のクラスが少なくなり、 英語力の必要度は下がります。その代わり演奏会の回数が増える等の別の課題が増えます。 •サマーフェスティバルなどに参加する場合は以上のような規定はほぼありませんが、 英会話力が高ければ、それだけレッスンでの実りが多いと思います。 -アメリカに音楽留学することで最も重要なことはなんでしょうか? 河村先生:アメリカは学費が高いと思われがちですが、多くの音大、音楽学部はオーディション(受験の実技)の成績によって奨学金(返済なし)を出しますし、 最近はその額が上昇しています。また学校によっては学業成績による奨学金、留学生向けの奨学金などもあります。 私の生徒達も大学、大学院進学のどちらの場合も殆どが奨学金を頂き、中には授業料のほぼ全額を頂いた場合もあります。 また助手、伴奏者として働くポジションもあります。私の場合はインディアナ大学で助手として働かせて頂き、授業料は全額免除で、毎月アパートの家賃がカバーできるくらいのお給料を頂きました。 日本の学生さんは大変優秀な方達が大勢いらっしゃるので、奨学金を頂けるチャンスは大いにあるはずです。 しっかり準備をすれば難しいことではありません。具体的にどのような準備をすれば良いか、目的毎に以下に思いつくことを挙げてみました。 学士号、修士号、博士号取得を目的とする場合 •まずは英語の勉強をすること。TOEFLの勉強をしっかりして合格点以上を目指して下さい。 •同時にもちろん実技を磨きますが、志望校のオーディションの課題曲、受験の一次、二次審査の方法などを確認し、それに沿ったレパートリーを作っていきます。 学校によって課題曲や持ち時間などがだいぶ違うので、しっかりリサーチし、効果的な選曲をします。 また、最近では一次審査に録画を送ることが多いので、なるべく良い録画を提出するために計画的に準備する必要があります。 (録画の質によって合否は左右されます。) また2次試験に進めたら、録画よりライブ・オーディションをお勧めします。 私の生徒達が大学院を目指す場合は、2年くらいかけて、レパートリー作りから演奏会、マスタークラス、コンクール等を利用して演奏の経験を積み上げて準備します。 •志望校の決め方ですが、私は自分と自分の生徒達の経験から、学校よりはまず先生を選ぶことを心がけて指導しています。 どんなに有名な学校に入っても、合わない先生に教わってしまうと時間と労力の無駄になってしまうことがあるからです。 ですので、だいぶ早いうちから目指す先生に連絡を取ったり、マスタークラス、サマーフェスティバル等に参加して教えて頂いたりして、先生との相性を確認できるようにします。 そして、その先生が教えておられる学校を志望校とします。 ディプロマや演奏証書(Artist Diploma, Performance Certificateなど)取得を目的とする場合 •オーディションの規定によってレパートリーを準備する(上記参照) •TOEFLなどの英語の試験の有無、合格点等を調べて対応する。 •入学後のディプロマ取得に必要なクラスや演奏会などが自分に合っているか把握する。 •奨学金の有無を調べる。 短大から始める場合 •いきなり大学に入るのは不安なので少し簡単なところから始めてみたい、という方には州立短大(junior college)も良いかもしれません。 大学音楽学部1〜2年の音楽のクラスや一般教養を大学よりやや易しいレベルで終わらせ、大学に編入することができます。 •学費は大学より安いですが、殆どの場合奨学金はありません。音楽の留学生は大学から奨学金をもらうと短大より安くなる場合があります。 •学校によって個人レッスンの質とレベルにかなりのばらつきがありますので、注意が必要です。 •TOEFL等の英語試験、オーディションの方法などは学校によって違います。 サマーフェスティバル等に参加する場合 •有名な大規模フェスティバルだけでなく、高校生や大学生が参加しやすい中規模のフェスティバルも沢山あります。 先生方との出会い、英語でのレッスンなどを経験できて、本格的な留学を考える機会とできるでしょう。 •申し込み締切日、オーディションの規定、参加費等を調べる。(フェスティバルによっては前年の11月頃締め切りということもあります。) •フェスティバル内のコンクールに参加できるか調べる。 (多くのフェスティバルはコンチェルト・コンクールがあり、選ばれればオーケストラと一緒に演奏できます。曲目の規定や申し込み方法等、よく調べてください。) -海外で、特にアメリカで仕事をするにあたって、日本人が有利な点、不利な点というのはありますか? 河村先生:ロサンゼルスは人種のるつぼなので、人種による違いはあまり感じたことがありません。 -今後の音楽的な夢、目標などございましたら、聞かせていただけますか? 河村先生:今まで自分の仕事をこなしていくことで精一杯でしたが、さらに邁進していくと同時に、 今まで30年間積み上げてきた経験などを後輩の先生方や日本の学生さんを助けるために使えたらと思います。 -アメリカでプロの音楽家として活躍する秘訣、成功する条件はあるとお考えですか? 河村先生:アメリカでは、自分が所属する所に、自分が必要な人間なのだということを常に認め続けてもらう努力が必要だと思います。 そのためには自分の持ち味を発揮するように心がけることでしょうか。 自分の強みを自覚し、それを用いて小さい成功や貢献を積み重ねていくことが、息長く仕事していくコツかもしれません。 また日米の様々な違いを理解していると心の葛藤が起きづらいかもしれません。 例えば日本は新しいことを始めるのに時間をかけて完璧に準備してから動き出しますが、アメリカはとにかく始めてみて上手くいかない所を随時変えていく。 また日本は量より質、アメリカは質より量という傾向がある。日本は前例を重んじるが、アメリカは新しいアイデアが好き。 そして日本は失敗しないように気をつけるが、アメリカは尻込みしないように気をつける、などです。 もちろん勤勉で責任感があり、協力的であることはどこにいても重要です。 -海外で勉強したいと考えている読者にアドバイスをお願いします。 しっかりリサーチをして計画的に準備すれば留学は難しくないと思います。 良い準備をすればそれだけ成果が得られるはずです。ただ漠然と来てしまうと失敗する事もあるので気をつけて下さい。 -貴重なお話しをどうもありがとうございました。

緊急事態宣言解除に伴う営業時間の変更について

平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

政府・自治体からの緊急事態宣言解除により、営業時間を下記の通り変更いたします。
【営業時間】
2020年05月26日(火)~
■月〜金曜日:10:00-18:30(変更前17:00)
■祝日・土曜日・日曜日は休業とさせていただきます。

●オンラインレッスンをご希望の方は土/日/祝日レッスンが可能な場合もございます。
お気軽にご相談下さい。

皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力をいただきますようお願い申し上げます。
平日はリモートワークのスタッフもおりますが、お電話はつながりますので、ご安心ください。

平日のスカイプやZoomを利用したオンラインカウンセリングや電話カウンセリングも承っております。
外出せずにカウンセリングを利用なさりたい方は、LINE,メール等でまずは日時設定を承りますので、お気軽にお問い合わせください。

フランス・セルジー・ポントワーズ地方音楽院・声楽オンライン受験と事前レッスン

ーーーー♪♪♪ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー フランスの名門校!セルジー・ポントワーズ地方音楽院・声楽オンラインオーディション
(2020年度入学・受験)のお知らせ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー♪♪♪ーーー

<セルジー・ポントワーズ地方音楽院のご紹介>
セルジー・ポントワーズ地方音楽院は、1982年に国立音楽学校(ENM)として創立。 1997年に国立地方音楽院(CNR)に認められ、2006年には国立地方音楽院(CRR)となりました。
現在、フランスには2つの国立高等音楽院があり、パリ国立高等音楽院とリヨン国立高等音楽院。地方音楽院はフランス全土の各地にあり、そのうちのひとつがパリ地方音楽院やセルジー・ポントワーズ地方音楽院です。
セルジー・ポントワーズ地方音楽院はパリ近郊に位置する音楽院です。


◆セルジー・ポントワーズ地方音楽院
https://www.andvision.net/program/conservatory/756-conservatoire-a-rayonnement-regional-de-cergy-pontoise-crr.html

新型コロナウイルスの影響で、2020年度入学のフランスの音楽院の受験も様変わりし、通常ならあり得ない、すごい事が起きています。
その一つがこの企画。

アンドビジョン提携のセルジー・ポントワーズ地方音楽院教授、ジャン=フランソワ・ルーション先生に受験に必要な曲4曲を4回のオンラインレッスンを受講後、フランスに渡航せずにセルジー・ポントワーズ地方音楽院のオンライン入学試験(オーディション)を受けることが可能となりました(2020年度入学限定となります)。

受験までにほぼ週1回程度のレッスンで受験に備えます。
ぜひ憧れのフランス地方音楽院の席を獲得してください。
受験日は、レッスン終了後、ご準備が整った段階でお客様個別に受験日をアンドビジョンにて設定させていただきます。
ご入学後は、ジャン=フランソワ・ルーション先生のクラスとなります。


【試験概要】
・日程:2020年5月26日~6月30日
・会場:アンドビジョンホール、または、ご自宅
・募集分野:フランス・セルジー・ポントワーズ地方音楽院声楽科
・募集コース:3rd cycle (COP)
※3rd cycle (COP)Cycle a Orientation Professionnelは2年間のプログラムになります。
COPのオンラインオーディションに合格の方で修了期間1年間のPerfectionnement level(postgraduate level)への入学をご希望の方は、2020年10月に現地にてPerfectionnement levelのオーディション受験資格がございます。
・試験内容:声楽実技試験
〇3か国以上異なる言語の作品
〇アリア2曲(オペラもしくはオラトリオ)
〇2曲(歌曲またはリート)
 ※筆記試験はありません。
・出願締切:2020年6月30日

【参加費と受験料】
・受験対策直前レッスン費(60分×4回):112,000円
・受験料:15,000円
・施設使用費:3,000円
※今回は特別に施設使用費を無料とさせていただきます。
・伴奏費:10,000円
※伴奏者が必要な場合はアンドビジョンスタッフまでご相談ください。
・AIMS入会金:30,000円
※消費税が別途必要となります。

〈試験官/指導員:セルジー・ポントワーズ地方音楽院教授、ジャン・フランソワ・ルーション〉
バリトン歌手のジャン=フランソワ・ルーションは、リヨン国立高等音楽院にて、声楽、室内楽教育学の修士課程と博士課程を修了。
同校の博士号を持つ、唯一のフランス人歌手となりました。その後、イギリスのギルドホール音楽院やオランダのアムステルダム音楽院に留学し、音楽を深く追求。
現役歌手でありながら音楽の研究者として精力的に活動する、現在のスタイルの礎を築きました。
また、彼は、語学にも堪能で、母国語であるフランス語に加え、英語、ドイツ語、イタリア語を流暢に話します。
レパートリーとしては、歌曲を得意としており、マコン・ヨーロッパコンクールではフランス歌曲賞を、エンシュード国際ドイツ歌曲・フランス歌曲コンクールでは2位を受賞しています。
オペラでは、モーツァルト作品とフランスオペラを中心に活躍。
ドビュッシーの「ペアレスとメリザンデ」では、何度も主演を務めました。
また、ソリストとして、ビリー・エイディなど著名ピアニストや、有名オーケストラと共演。
ヨーロッパ諸国でコンサートを開催しています。音楽活動と並行して、彼は、教育・研究者としても知られています。
現在、セルジー・ポントワーズ国立地方音楽院の教授を務めるほか、2019年よりベルギー王立ブリュッセル音楽院の教授に就任。
2016年には、研究テーマであった、シャルル・ボルドの歌曲についての論文にモーツァルテウム賞が授与されました。フランス音楽を深い知識を持つフランス人歌手から学ぶチャンスです!

----------------------------------

ご自宅でのレッスン/オーディションをご希望の場合は外出する必要もございませんので、ぜひお気軽にご参加ください。

【ご参加方法】

このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 こちらのアドレスに下記内容とご一緒にメールにてご予約ください。

・お名前
・お電話番号
・レッスンならびにご参加希望日程
【お問合せ】
電話番号:03-5577-4500
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-8 神田駿河台ビル2F

皆様のご参加をお待ちしております。

【海外音大教授・音楽家によるオンラインレッスンのご案内】(6月2日更新!)

【海外音大教授・音楽家によるオンラインレッスン】


※講師 随時更新 要チェック!

日程表で決まった日付以外にもレッスンOKな可能性が大いにあります!

お気軽にお問い合わせください!!
 

こんにちは!音楽留学アンドビジョンです。

昨今の新型ウイルスの影響により、皆様各所で多大な影響が出ていることと存じます。

アンドビジョンで開催予定であった4・5月の公開レッスンも先生方の渡航叶わず、全てキャンセルとなってしまいました。

今年の秋、または来年の春に海外音楽留学を考えていた方々も先の見通しが立たない状況かと思います。

 

そんなお客様、先生方のご要望にお応えし、アンドビジョンでは海外音大教授・音楽家によるオンラインレッスンを本格始動です!講師陣は著名な方々ばかり!今まではオンラインレッスンはやっていなかったけど、これを機に…なんて先生もいらっしゃいます。

 

もちろん弊社より通訳のお手配も可能ですので語学が心配…なんて方も安心してご受講いただけます。

 

◇◆オンラインレッスンのおススメポイント◆◇

 

① 国内で海外教授のレッスンが受講できる!

② 長期留学のための先生探しが日本でできる!

③ 組み合わせ方次第で、一日に2つの異なる先生とのレッスン受講が可能!

《例【ピアノ】:月曜日17:00~ストーン先生、18:00~セミリャコフス先生等》

④ オンラインなので、プライベート仕様。先生とのレッスン、ピアノ練習室を独り占め!

 

 

それでは 日程表・講師リストをご覧くださいませ~!

 

 


日程表で決まった日付以外にもレッスン可な可能性が大いにあります!

お気軽にお問い合わせください!!

 

6月予定

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
 1  2 3 4 5 6 7
    17:00~/18:00~

トーマス・ヘル
17:00~/18:00~

ライナー・トロスト
16:00~/17:00~/18:00~

ティルマン・ヴィック
お問い合わせください お問い合わせください
8 9 10 11 12 13 14
16:00~/17:00~/18:00~

エルヴィン・クラムバウアー
 
17:00~/18:00~
ベルンハルト・パルツ
16;00~/17:00~
/18:00~

ウーヴェ・ケラー
15:0~/16:00~17:00~/18:00~
イヴァン・ヤナコフ
17:00~/18:00~

アレックス・ペンダ
お問い合わせください お問い合わせください
15 16 17 18 19 20 21
17:00~/18:00~

コリン・ストーン
16:00~/17:00~
18:00~
ピエール・レアク
17:00~/18:00~

イルヤ・シェプス
※お時間お問い合わせ

クリストファー・ヒンターフーバー
17:00~/18:00~

ジャン=フランソワ・ルション
お問い合わせください お問い合わせください
22 23 24 25 26 27 28
18:00~

コンスタンティン・セミリャコフス
17:00~/18:00~

ライナー・トロスト
16:00~/17:00~/18:00~

ビルギット・コーラー
16:00~/17:00~/18:00~

アルベルト・モラ
※お時間お問い合わせ 

クリストファー・ヒンターフーバー
お問い合わせください お問い合わせください
29 30          
17:00~/18:00~

イルヤ・シェプス
17:00~/18:00~

コリン・ストーン
         

-

 

日程表で決まった日付以外にもレッスン可な可能性が大いにあります!

お気軽にお問い合わせください!!

 


【講師陣詳細】

 

【ピアノ】 ※6月2日更新!

 

~ドイツ~

●イルヤ・シェプス / ケルン音楽大学教授

17:00~、18:00~

●ヴォルフラム・シュミット=レオナルディ / マンハイム音楽大学教授

17:00~、18:00~

●トーマス・ウールマン / ミュンヘン音楽大学講師

17:00~、18:00~

●ピオトル・オズコウスキー / デトモルト音楽大学教授

16:00~、17:00~

●トーマス・ヘル / マインツ音楽大学教授

17:00~、18:00~

 

~オーストリア~

●クリストファー・ヒンターフーバー / ウィーン国立音楽大学教授 

時間 調整中

●コンスタンティン・セミリャコフス / ウィーン国立音楽大学教授

18:00~

●ロマン・ザスラフスキー / ウィーン国立音楽大学教授

17:00~、18:00~

●ヤン・ゴットリーブ・イラチェック / ウィーン国立音楽大学教授 (6月2日更新!)

17:00~、18:00~、19:00~

●ミラナ・チェルニャフスカ / グラーツ音楽大学教授

※お問い合わせください

●ベルンハルト・パルツ / ウィーン私立音楽芸術大学教授

17:00~、18:00~

 

~ロシア~

●ディミトリ・カプリン / チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院准教授 

16:00~、17:00~、18:00~

●ぺーター・ラウル / サンクトペテルブルク音楽院准教授 

18:00~

●イヴァン・ヤナコフ / 世界的ピアニスト

15:00~ 、16:00~、17:00~、18:00~

 

~スペイン~

●ピエール・レアク / カタルーニャ高等音楽院教授

16:00~、17:00~、18:00~ 

 

~イギリス~

●コリン・ストーン / 英国王立音楽院・王立ノーザン音楽大学教授

17:00~、18::00~

 

【声楽】

 

~イタリア~

●ロセッラ・レドーリア / ボローニャ歌劇場オペラ学校元教授

18:00~

●ルチェッタ・ビッツィ /  パルマ音楽院教授

17:00~、18:00~

 

~フランス~

●ジャン=フランソワ・ルション / セルジー・ポントワーズ音楽院&ベルギー・王立ブリュッセル音楽院教授

17:00~、18:00~

●アレックス・ペンダ / 現役ソプラノ歌手・世界的オペラ現役歌手

17:00~、18:00~

 

~オーストリア~

●ライナー・トロスト / ウィーン国立音楽大学教授・現役歌手(ウィーン国立歌劇場・バイロイト音楽祭など)

17:00~、18:00~

 

【ヴァイオリン】

~オーストリア~

●ビルギット・コーラー / ウィーン国立音楽大学元講師 / ウィーン交響楽団元コンサートマスター

16:00~、17:00~、18:00~

 

【チェロ】 ※6月2日更新!

~オーストリア~

●クラウディア・ザラガー / ウィーン国立音楽大学講師

17:00~、18:00~

●ジュリアン・アープ / グラーツ国立音楽大学教授 (6月2日更新!)

17:00~、18:00~

 

~ドイツ~

●ティルマン・ヴィック / ハノーファー音楽大学教授

16:00~、17:00~、18:00~

●シェニア・ヤンコヴィチ / デトモルト音楽大学教授

17:00~、18:00~ ※45分レッスン

 

【フルート】

~オーストリア~

●エルヴィン・クラムバウアー /  グラーツ国立音大教授 / ウィーン交響楽団首席

16:00~、17:00~、18:00~

 

~スペイン~

●アルベルト・モラ  / カタルーニャ高等音楽院教授 / リセウ大劇場管弦楽団首席奏者

16:00~、17:00~、18:00~

 

【トランペット】

~オーストリア~

●ウーヴェ・ケラー /  グラーツ国立音楽大学教授 / ジャーマンブラス メンバー

16:00~、17:00~、18:00~

 

~ドイツ~

●ウーヴェ・コミシュケ /  フランツリスト音楽大学教授

17:00~、18:00~

 
 
【料金】
 
先生ごとの料金ですのでお問い合わせください。(30.000円前後~)
アンドビジョンスクール会員でない方は入会手続きが必要となります。
入会費:30,000円(税別) ※初回のみ 1年間有効
 
・通訳が必要な方は1時間8,000円(税別)
・施設費 1時間3,000円(税別) ←定期的なオンラインレッスン時の施設使用費は無料です!
・ピアノ伴奏が必要な方は1時間10,000円(税別)となっております。
※他楽器パートナーお手配への適応も可 例:ピアノ伴奏法レッスンご受講での他楽器パートナーお手配等
 
 
【レッスン場所】
設備の整った弊社ホールでのレッスンをお勧めしておりますが、ご自宅でのレッスンも可能です。
※ご自宅でのレッスンの場合の音質については、各ご家庭のインターネット環境によりますことご承知おきください。
 
 
【新型コロナウイルス感染症対策に関する取り組み】

2020年5月4日、厚生労働省より発表された新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」に基づき、アンドビジョンでは下記対応措置を行っております。

〇スタッフの取り組み

・オフィスへの出社後すぐに手洗い、消毒
・都度の手洗い・消毒
・体調のすぐれない場合は欠勤もしくはテレワークへの切り替え
・身体的距離を保ってのオフィス運営
・オフィス内換気の徹底
・オフィス内を次亜塩素酸ナトリウムでの消毒(定期消毒に加え、使用都度)
・お客様との対面時、スタッフのマスク着用


〇お客様への取り組み

・お客様ご来社時の問診、手洗い・消毒のお願い
・都度の手洗い・消毒のお願い
・ご来社の際、スタッフとの対面を懸念される場合は遠隔でのご対応等

お客様への感染症予防対策につきまして、以下にて詳細を記載させていただいております。
オンラインレッスンにてご来社の際にもこのようにご対応させていただきます。
https://www.andvision.net/information/2193.html

オンラインレッスンは基本プライベートで行います。他のお客様との対面はございませんのでご安心ください。通訳が必要な場合、通訳の方にもオンライン参加でレッスンを行うことが可能です。

弊社では世界保健機関(WHO)の最新情報も確認し、徹底した感染症予防に努めております。
 
 
 
それでは、日程・お時間お気軽にお問い合わせください。お待ちしております~!
 
-場所 東京 御茶ノ水 アンドビジョンインターナショナルミュージックスクール

-問い合わせ お申込み
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
TEL 0355774500
Lineでも受け付けています!
@andvisionにお気軽に友達申請してください
 

【新型コロナウィルス感染拡大防止のための、お客様来社時の弊社取り組みについて】

2020年3月19日、厚生労働省より発表された新型コロナウイルス感染症対策の状況分析·提言に基づき、

アンドビジョンでは下記対応措置を行っております。

 

1)人が集まる場の前後も含めた適切な感染予防対策の実施

 

 ○参加時に体温の測定ならびに症状の有無を確認し、具合の悪い方は参加をご遠慮下さい。

→ 出発前に各ご家庭において検温をお願いします。体調のすぐれないかたは参加をご遠慮下さい。

 ○過去2週間以内に発熱や感冒症状で受診や服薬等をした方は参加をご遠慮ください。

 ○感染拡大している地域や国への訪問歴が14日以内にある方は参加をご遠慮ください。

 ○体調不良の方が参加しないように、キャンセル代などについては配慮を致します。

 ○発熱者や具合の悪い方が特定された場合には、接触感染のおそれのある場所や接触した可能性のある者等に対して、適切な感染予防対策を行います。 

→ チェックシートに記入していただいて追跡できるように致しますので、ご協力をお願いします。

○会場に入る際の手洗いの実施ならびに、イベントの途中においても適宜手洗いができるような場の確保を致します。

→ 到着後すぐに手洗い、会場にもアルコール除菌スプレーの設置をしておりますので、ご利用下さい。

○主に参加者の手が触れる場所をアルコールや次亜塩素酸ナトリウムを含有したもので 拭き取りを舞レッスン毎に行います。

 〇飛沫感染等を防ぐための徹底した対策を行います(例えば、「手が届く範囲以上の距離を保つ」、「声を出す機会を最小限にする」、「咳エチケットに準じて声を出す機会が多い場面はマスクを着用」など)。

→ マスクはご自身でご用意をお願い致します。先生·通訳・スタッフとは極力社会的距離を保つよう、お願いします。

 

ご来場の皆様が少しでも安心して過ごせるよう、ご理解、ご協力をお願い致します。

 

 

【2020年4月オンライン音楽留学説明会】国別、ジャンル別説明会のお知らせです

【特別開催!】♪4月留学説明会開催のご案内♪

♪新学期に向けて、情報収集を始めて行きましょう!是非海外で過ごす時間について考えて見ませんか?♪ 費用のこと、手続きのことなど専門カウンセラーが色々とお話しします♪
◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■
今月の説明会はZOOMでのオンライン説明会になります。
◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■


◆開催スケジュール

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
1 2 3 4 5
11:00~【国別留学説明会】ダンス/コンテンポラリー 11:00~【国別留学説明会】オーストリア 11:00~【国別留学説明会】ドイツ 11:00~【国別留学説明会】ドイツ 休業
6 7 8 9 10 11 12
11:00~【国別留学説明会】イギリス 11:00~【国別留学説明会】アメリカークラシック 11:00~【国別留学説明会】ダンス/英語圏 11:00~【国別留学説明会】ドイツ 11:00~【国別留学説明会】イタリア 11:00~【国別留学説明会】オランダ 休業
13 14 15 16 17 18 19
11:00~【国別留学説明会】ドイツ 11:00~【国別留学説明会】アメリカージャズ 11:00~【国別留学説明会】ダンス/ヨーロッパ 11:00~【国別留学説明会】オーストリア 11:00~【国別留学説明会】フランス 11:00~【国別留学説明会】スイスーフランス語圏 休業
20 21 22 23 24 25 26
11:00~【国別留学説明会】イギリス 11:00~【国別留学説明会】ハンガリー 11:00~【国別留学説明会】ダンス/英語圏 11:00~【国別留学説明会】ドイツ 11:00~【国別留学説明会】ロシア 11:00~【国別留学説明会】スイスードイツ語圏 休業
27 28 29 30
11:00~【短期留学説明会】 ロック・ポップス・ジャズ 11:00~【短期留学説明会】クラシック 器楽ヨーロッパ 祝日お休み 11:00~【短期留学説明会】クラシック 声楽

♪参加ご希望の方は、

予約フォーム

からご予約ください。
お電話でのご予約も承っております♪
電話:03-5577-4500
FAX:03-4496-4903
メール:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

【オンラインカウンセリング受付中!】


こんにちは!そろそろ夏のご予定や将来の進路をお考えの季節ですね。
新学期に向けて、情報収集を始めましょう!

◆オンラインカウンセリング開始

以前より、ご来社・お電話にてカウンセリングを行ってまいりましたが、
遠方に住んでいてカウンセリングに行けないけど対面だともっとわかりやすいのに……
というお声をいただいておりました。

そこでこの度、SkypeやZoomなどオンラインにてカウンセリングをスタートすることとなりました!

昨今、新型ウイルスにて外出を制限されている方も多いかと思います。
そんな中でお時間を有効に使っていただければと思います。

とくにご進学をお考えの方は時間の猶予がない方も多いはず…!
ぜひぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

♪参加ご希望の方は、

こちら

からご予約ください。

お電話でのご予約も承っております♪
電話:03-5577-4500
FAX:03-4496-4903
メール:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

【2020年3月音楽留学説明会】国別、ジャンル別説明会のお知らせです

【特別開催!】♪3月留学説明会開催のご案内♪

♪新学期に向けて、情報収集を始めて行きましょう!是非海外で過ごす時間について考えて見ませんか?♪ 費用のこと、手続きのことなど専門カウンセラーが色々とお話しします♪

◆開催時間および開催場所
【開催場所】アンドビジョン〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-8 神田駿河台ビル2F(お茶の水、神保町、小川町最寄)
音楽留学入門編:月~金 毎日17:00~
特別編は下記の通り

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
1
11:00~【ダンス】 コンテンポラリー留学説明会ヨーロッパ
2 3 4 5 6 7 8
18:30~【国別留学説明会】ドイツ 【公開レッスン】ベルギーvnダニエル・ルービンシュタイン教授 ★受講生募集中★ 18:30~【国別留学説明会】アメリカ 11:00~【短期留学説明会】クラシック 器楽ヨーロッパ 11:00~【夏休み渡航者向】 講習会の選び方講座 11:00~【夏休み渡航者向】 フランス音楽留学 11:00~【バレエ】 夏期講習留学説明会アメリカ
9 10 11 12 13 14 15
18:30~【夏休み渡航者向】 イタリア音楽留学 18:30~【夏休み渡航者向】 ドイツ音楽留学 18:30~【夏休み渡航者向】 イギリス音楽留学 18:30~【夏休み渡航者向】 オーストリア音楽留学 18:30~【夏休み渡航者向】 アメリカ音楽留学 11:00~ 【夏休み渡航者向】 18歳以下の音楽留学 11:00~【バレエ】 夏期講習留学説明会ヨーロッパ
16 17 18 19 20 21 22
18:30~【長期留学説明会】クラシック 声楽 18:30~【長期留学説明会】ジャズ 18:30~【長期留学説明会】英語圏 ロック・ポップス 18:30~【長期留学説明会】クラシック 器楽アメリカ 祝日お休み 11:00~【長期留学説明会】クラシック 器楽ヨーロッパ 11:00~【ダンス】 夏期講習留学説明会アメリカ
23 24 25 26 27 28 29
18:30~【短期留学説明会】クラシック 声楽 18:30~【短期留学説明会】ロック・ポップス・ジャズ 18:30~【ダンス留学説明会】ヨーロッパサマーコース 18:30~【短期留学説明会】クラシック 器楽ヨーロッパ 18:30~【短期留学説明会】クラシック 器楽ヨーロッパ 11:00~【夏休み渡航者向】 社会人のための音楽留学 11:00~【ダンス】 夏期講習留学説明会ヨーロッパ
30 31
18:30~【国別留学説明会】イタリア 18:30~【国別留学説明会】フランス

♪参加ご希望の方は、

予約フォーム

からご予約ください。
お電話でのご予約も承っております♪
電話:03-5577-4500
FAX:03-4496-4903
メール:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

村野江里さん/ウィーン冬期音楽講習会

-まずは簡単な村野様の自己紹介と、現在までの略歴を教えていただけますか? 村野様:4歳からピアノ指導者の母の手ほどきを受けましたが、中学入学と同時にピアノをやめました。しかしその後も個人的に弾き続けてはいました。高3の頃進路について考えたとき、やはりピアノ指導者になりたいと思って、カワイ音楽学園という学校の音楽教育に行きました。その後指導を始めましたが、ピアノの能力を上げたほうがいいということで、上野学園大学の音楽学部のピアノ科に入り直し、その後は、指導しながら演奏も少しして過ごしています。 -今回の講習会以外にも講習会に参加されたことはありますか? 村野様:アンドビジョンさんにお世話になって、2、3年前、ニースの夏期国際音楽アカデミーに参加しました。 -ニースやフランス、今回はオーストリアですが、そのほか海外に行かれたご経験はありますか? 村野様:韓国に2回と、ハワイに行ったことがあります。 -今回のオーストリアの講習会に行きたいと思った理由、きっかけは何になりますか? 村野様:ニースの講習会に行ったとき、ベートーヴェンやバッハを持って行ったのですが、「せっかくフランスの講習会に参加するなら、フランス物のほうがよかったね」という話になりました。それで、オーストリアでしたら、その地で生まれた音楽を学べるかなと思いました。あとは、一緒に行きたいねと言っていた友人にも、オーストリアが合っているんじゃないかと勧められたので、すっかりその気になり、行くことに決めました。 -ご一緒に行かれた方はどの楽器の方ですか? 村野様:実は結局その方は行きませんでした。 -では、今回はお一人だったのですね。オーストリアで実際にバッハやベートーヴェンのレッスン受けられていかがでしたか? 村野様:先生の演奏がすごく素敵でした。 -ニースと違いを感じましたか? 村野様:多分方向性的には一緒だと思いますが、音の感じが何か違うかなと思いました。例えばフランスで育ってきた先生とオーストリアで育ってきた先生は、何か違うということですかね。古典の初期とか時期とかによっても、すごく細かく違いがあると感じがしました。 -先生もレッスンしながら歴史について教えてくださりましたか? 村野様:これは初期なのになぜこう弾くの?とか、同じ作曲家でも時期によって違うんだよと言われました。技術面でもペダリングでの表現方法を教わりました。 -講習会の参加人数はどれぐらいいらっしゃいましたか? 村野様:全員で9名ですね。 -どういった方たちが参加されていましたか? 村野様:高校生、普通高校の子から音校生もいました。社会人も本当に音楽と関係ない普通の社会人の方まで、様々でした。 -皆様とどこか観光に行かれたりもしましたか? 村野様:全員で行ったのは、最初の開校式のあとに、オプションの市内観光で全員で行きました。あとは、前日から入った同じ便の3人で、1日時間が空いた時に、せっかくだからその日を使って行きました。講習始まったら一緒に行けないかもしれないから!と、2日連続で観光をしていました。まさか次の日に1日がかりとは思っていなくて。 -では結構回れた感じですかね。 村野様:そうですね。3人ともガイドブックをそれぞれ持っていて、行きたい場所も結構決まっていました。みんなで各自が行きたいところを回ったり、行き当たりばったりでクリスマスマーケットに寄ったり。 -季節がクリスマスでしたからね!ニューイヤーでは、何か特別なイベントはやっていましたか? 村野様:演奏会に行きました。 -何か町でニューイヤーイベント、例えば花火などはありましたか? 村野様:夜に出かけていた人もいましたが、ちょっと危ないというのも聞いていたので、女の子だけのグループは部屋から花火を見ていました。親子で来ていた方は見に行ったようで、父娘で行かれた方は、思ったほど危険ではなかったと言っていましたね。楽しかったみたいです。日本とは違って派手な年明けですね。 -日本とは、だいぶ違いますよね。 村野様:全然違います。2時ぐらいまで花火が上がり、若者たちが明け方4時ぐらいに外ですごく騒いでいました。爆竹は夕方、3時半過ぎから始まっていました。 最初銃撃戦かと思い怖かったです。買い物に行くと、沢山ではないですが所々で鳴っていて。町の方たちは普通に歩いていて、全く驚いている様子ではなかったので「これが噂に聞いていた爆竹か」と思いました。それが夜になるとどんどん増えていきましたね。 -前日から盛大にやっているのですね。 村野様:花火はすごく華やかで、12時近くぐらいから、ずっとですね。 -観光も楽しまれたとのですね!講習会のほうのスケジュールはどのような感じで組まれていましたか? 村野様:4回のレッスンがありました。練習室は日によって2時間か4時間ぐらい毎日取れました。練習室が閉まってしまう12月31日と1月1日は完全フリーでした。 -練習室は集中して練習できる環境でしたか? 村野様:練習室の一つが、変わった作りのところがありました。その練習室を通らないとほかの部屋に入れないのです。多分私たちにはそこにならないようにしてくださったのだと思います。自分たちが練習を中断しないといけない、ということはなかったですが、人の練習を中断させてすいません、ということはありしました。ガラス張りのドアのお部屋もあったのですが、ちゃんとカーテンで仕切りができるようになっていて、それを閉めれば外からも見れませんでしたね。 -本当に個別の練習室というかたちだったのですね。 村野様:皆さんちゃんとマナーがよくて、時間になると交代してくれました。 -ここで結構もめる方もいらっしゃいますからね。 村野様:学校ではなかったので、もめなかったのかなと。お金を払って皆さん行っているし。時間になって気づかないとトントンとされるので、1分前には大体出てました。 -いいタイミングで出入りもできたんですね。実際に先生のレッスンを受けてみて、先生はどんな方でしたか? 村野様:今回は2人の先生に受けることができました。お二人ともすごく音楽を愛されている方で、レッスンをすごく楽しそうにしていました。言うべき所は指摘はされましたけど、全体的に、この曲好きなんだろうな、というのが伝わりました。 -性格的な面ではどうでしたか?フレンドリーだったとか、静かな方だったとか。 村野様:一人の先生は、本当に陽気で、すごく人気があるだろうと思いました。 -ちなみにどちらの先生で? 村野様:カール・バート先生です。柔らかい雰囲気の方で、最初から警戒しないで行ける感じだったんですけど、シュテファン・アーノルド先生は、最初の印象はすごく怖かったです。 オーラみたいなのをすごく感じて。それが怖いというか「空気をガラッと変える」という感じだったんですよ。 -実際にお話されたら変わりましたか? 村野様:指摘はすごくしっかりしてくださいますが、ところどころ冗談を言って、笑いを交えながらレッスンしてくださいました。 -キャラクターの違う先生お二人にレッスンを受けられたんですね。スタッフの方々はいかがでしたか? 村野様:私が会ったのはお2人でしたが、とてもフォローしてくださり助かった面が多かったです。 -例えばどういったことですか? 村野様:ちょっと空いている時間に、講習に関することを雑談的に話してくださいました。空き時間に1人で市内に行こうと思っていたら、観光案内もしてくださったスタッフの方が、1人だから昼間でもちゃんと気をつけてねと、レッスン会場へ通訳に行かれる直前でもいろいろアドバイスしてくださいました。 他に、生活面でも気にかけてくださっていました。「高校生には気をつけて見てあげてね」、とか「一緒に行ける夜のコンサートは一緒に行ってあげてね」、と若い参加者への配慮も促されていました。 -スタッフ自体は全員で何名いましたか? 村野様:私が会ったのは通訳さん2人だけですが、伴奏の方なども入れたらもう少しいるかと思います。 -では5、6名という感じですかね。先ほどレッスンで教わったことを軽くお伺いしましたが、そのほかにもいろいろ教わったことはありますか? 村野様:バート先生は演奏の仕方について丁寧に教わりました。アーノルド先生は、演奏のことも細かかったですが、演奏者としての心得など、とても身が引き締まるレッスンでした。 -どんな教えでしたか? 村野様:暗譜の精度の大事さ、練習の組み立て方など。聴講も皆で聞きあいました。アーノルド先生は最初聴講に行ったとき、聴衆のことを意識するようにおっしゃっていました。最初の出始めから聴衆の心を引きつけるコツなど。自分は聴かれることを忘れて練習していたというか、本当は聴衆に聞かせるためにやっているということを、よく思い出させてくださいました。 -レッスンは何語で受講されましたか? 村野様:私は通訳さんがいたので、ドイツ語です。 -英語で受けられている方はいらっしゃいましたか? 村野様:はい。英語の先生がいらっしゃって、その方は通訳さんなしで英語で受講されていました。聴講しているとき、レッスンの時間が押してしまって、通訳さんが出なきゃいけない時間になってしまったのですね。そのときは、受講生に事情を説明して、そこからは英語でした。簡単な英語にしてくださり、わかるようにして下さっていたので、問題なかったですが。 -そこもあまりトラブルはありませんでしたか? 村野様:全くなかったです。 -レッスンの最後とか講習会の最後、コンサートや閉会のセレモニーなどございましたか? 村野様:セレモニーはなかったんですけど、終了コンサートがありました。 -どういったコンサートでしたか? 村野様:市民の方が入れるようになっている小宮殿を使ったコンサートでした。 -地元のお客様も結構いらっしゃっていましたか? 村野様:皆さん遊びに行っちゃっている時期らしく、だからちょうど講習会が終わったぐらいに帰ってくるから、ウィーンの人たちがあまりいない時期らしいです。観光客は多いみたいですが。 -観光客の方が座って聞かれている、という感じでしたか? 村野様:皆さん知っているのですかね?外に貼ってはありましたが、どういう告知をしているかはちょっとわからないので。 -では現地のお客様はあまり座っていらっしゃってなかった感じですかね。 村野様:そうですね。 -コンサート以外にも講習会中に人前で演奏する機会はありましたか? 村野様:クラスコンサートがあって、それは全員で、です。 -受講者の方の前で弾かれるということですか? 村野様:そうです。 -それも緊張される感じでしたか? 村野様:どちらかというと、何日か会っているので、知らない人よりは安心できました。聴講も、最初はみんな聴きに行ったら嫌なんじゃないかと言っている子もいました。私は知らない人より知っている人のほうが安心するから大丈夫だよと言っていましたし、多分みんなそんな感じだったのではないかと。 -レッスン以外の時間は何をされていましたか? 村野様:観光に行っていました。 -どこに行かれたんですか? 村野様:ベルヴェデーレ宮殿と、近くのクリスマスマーケットなど。クラスコンサートの会場の近くにナッシュマルクトという市場があって、既にウィーンに住んでいる受講生がコンサート後に連れていってくれました。そこでお昼ご飯を軽く食べましたが、すごくおいしかったです。ガイドブックにも載っていましたが、自分たちだけでは行けるかどうかわからりませんでしたが、連れていってもらって、一通り見ることが出来て、ご飯も食べることが出来ました。あとはシェーンブルン宮殿にも行きました。観光はそれぐらいですね。 -市内観光をしているとき、治安面ではニューイヤーもあった関係上、通常とは違う感じだったかと思いますが、ニューイヤーの前や、後の落ち着いたときの治安はどうでしたか? 村野様:そんなに悪いところはないように感じました。私がいた場所は治安が良かったです。ただほかの方が別行動しているときに、日本人のカップルが花を押し売りされているのを目撃したという話はありました。受講生の間にはそういうことはありませんでした。 -スリの危険性もそんなにはなかったですか? 村野様:スリもみんな気をつけていたように思います。みんな斜めがけの小さい鞄を、貴重品用に持ち、あとは大きい鞄に楽譜を入れたりしていたので、スリに合うということは誰にもなかったですね。あと、現地の人っぽく振る舞うという。 -確かにそれは大事ですよね。キョロキョロしないとか… 宿泊先はいかがでしたか? 村野様:スタッフもとても良かったです。本当にホテルは良かったです。 -お水回りのトラブルもなく? 村野様:全くなかったです。向こうの水が口に合わなくて、もともと水道水は飲まないつもりでいたので、着いたらすぐみんなでスーパーに行って水を買いました。口に合わないかもしれないと思い何種類か買いましたが、どれも合いませんでした。日本でも売っているようなメーカーもありましたが、味が少し違っておいしくなかったのですね。 ところが何日か後に練習室の水道水は飲めると通訳さんが仰っていたと教えてもらったので、試しに汲んで飲んでみたら、一番おいしかったんです。湧き水か何かのようです。 気になる人はミネラルウォーター買ったほうが良いと、私の持っている本にも書いてありましたが、外国だからまずいと思い込んでいた水道水が一番おいしかったのです。ならば、ホテルも同じ水だろうから水道水を飲んでみようと思ったら、やはり一番飲みやすくて。そこからは水は買わないで、汲んでペットボトルに入れたり、お茶もお部屋の水を使っていました。 -蛇口から出るほうが軟水に近かったのですかね? 村野様:ミネラルウォーターには外国特有の味がして、それがすごく合わなくて、おいしいという感じではなかったです。飲めなくはないけど、飲みたくない感じで。水道水が一番くせがなくてごくごく飲めました。水道水は軟水なんですかね? -ヨーロッパは硬水というイメージですよね。 村野様:ミネラルウォーターがダメと言っていたのは私だけで、おいしくないと1人で言っていました。 -お部屋の広さはどうでしたか? 村野様:だいぶ広かったです。お風呂は、浴槽がないシャワー室。閉めちゃうと狭くもありますが、水道とトイレとシャワー室がついていて結構な広さでした。寝室も結構広く、ベッドがあっても歩き回れて、広さは十分でした。クローゼットもついていたので、服も全部掛けることができました。 -金庫はありましたか? 村野様:金庫は探しましたがありませんでした。 -ご自分で管理されたのですね。お洗濯はどうしましたか? 村野様:お洗濯はお部屋で、手洗いしました。 -洗剤も日本から持っていかれいましたか? 村野様:持っていきました。洗濯紐も旅行用を購入しました。いろんなところに使えるので、クローゼットと帽子掛けなどをつないで、干していましたね。 -基本的に困ることはなかったということですね。 村野様:なかったですね。 -空調はどうでしたか? 村野様:最初の頃は暖かくて。部屋は空調ついていなくても、廊下はついていたと思うので、その暖かさもあって、部屋の中が寒くなくて、使わない日が多かったです。すごく寒い日が2日間ぐらいあり、その日だけ部屋が寒いと思ったら、ずっと空調つけていなかったようです。その日はつけましたが、つけたら逆に暑くなっちゃいましたね。 -でも外に出ると寒かったですか? 村野様:そうですね。 -だいぶ暖房がホテル内で利いていたのでしょうか? 村野様:結構快適でした。 -宿泊先のホテルと講習会の会場はどのように移動されましたか? 村野様:地下鉄で1本でした。 -チケット購入は難しかったですか? 村野様:アンドビジョンさんに手配して頂きました。プリントアウトした紙で全部できてしまいました。コンサートチケットも同じで、バーコードの部分だけ破っていました。プリントアウトのチケットで全部出来ましたが、本当にその紙をなくしてはいけないと思いました。地下鉄では、1回もチケットを見せてくださいと言われたことはなかったです。ただそういう場合もあるので必ず持っておいてくださいと言われました。 -ご利用された時間はどれぐらいの時間でしたか? 村野様:朝もありますし、コンサートが遅いときは夜9時とか。10時前には帰っていたと思います。 -結構混んでいましたか? 村野様:そこまででもないですね。でも朝9時に練習室に行ったときは、通勤ラッシュなのか、ちょっと多かったような気はします。 -次はお食事ですけど、お食事は基本的に何を食べていらっしゃいましたか? 村野様:朝はホテル。本当にホテルの食事はおすすめで、おいしかったです。ビュッフェ形式で、毎日違うものに変わっていて飽きなかったです。クロワッサン、本当においしかったです。あとワッフルを焼ける機械があって。生地が用意されていて、自分でタイマー測って焼くみたいな。あとヨーグルトもすごくおいしかったです。 -完璧にお口に合ったのですね。 村野様:チーズとかもいろいろ、盛りだくさんでした。 -お昼や夕食はどうなさっていましたか? 村野様:お昼は部屋に帰れるときは、非常食用に日本から持ってきたものをやっつけないとということで、戻ってそれを食べることもありました。講習会が始まると時間が合わないことが多かったので、時間が合うとみんなで近くのお店に行きました。 -外食は1食おいくらぐらいでしたか? 村野様:幾らだったかな?そんなに高いところは行ってないですが、多分1,000円、2,000円とかで結構食べたと思います。 -結構ボリューミーでしたか? 村野様:はい。結構安くおなか一杯食べれました。 -何か有名なものは食べられましたか? 村野様:連れて行ってくれた子のおすすめなら口に合うだろうなと思って、鶏肉のソテーと、あとご飯がセットなど。お米も食べたいよねという話をしていて。 -お米も食べれるんですね。 村野様:ありました。それを目当てに行って。日本の米とは違うけど、食べられるよということで連れて行ってくれました。 -レストラン以外にもお米は見ましたか? 村野様:日本のものが売っているショップに連れていってもらいました。年越しそばを食べたいと、私は日本からカップ麺を持っていきましたが、ほかの子は日本の倍ぐらいの値段で現地のお店で買っていました。米とかお味噌とか醤油とか並んでいて、日本人が恋しくなったら買いにいけるお店ですね。 -現地のヨーロッパの方と交流する場面はありましたか? 村野様:お店の人ぐらいですかね。 -あとは先生でしょうか。 村野様:そうですね。 -先生とはレッスン以外で交流されることはありましたか? 村野様:それはなかったですね。レッスンのみでした。 -そのほかには、何か講習会中、ご留学中に困ったことはありましたか? 村野様:現地スタッフの方からのショートメールが番号が違ったらしく、私ともう一人だけ届かなくて。それでちょっと困りました。。 -番号が行き渡ったら大丈夫になったのですね。 村野様:そうですね。ほかの子が教えてくれて、それでやってみたらやり取りできるようになったので大丈夫でした。 -今回の講習会に参加されて一番よかったなと思った瞬間はどんなときでしたか? 村野様:自分の音楽へのかかわりについて見つめ直すことができたところがよかったです。 -何か今回の講習会を通してご自分が変わった、成長したと思うことはございますか? 村野様:さっきの話に戻ってしまいますが、準備段階について深く考えるようになりました。 -ヨーロッパでだいぶ距離もありますし、日本と留学先で大きく違う点はどういうところだと思いましたか? 村野様:言語の違いですね。その地域によっても発音が違うので、それが演奏にも出やすいと思いました。フランス語とドイツ語と、その圏内も違うと思うので、鳴る音が違うんだろうなと。これ日本人だね、ってわかるときもあるそうですからね。 -今後講習会とか長期留学関わらずですけど、留学される方にアドバイスしておきたいことなどございますか? 村野様:もし今後留学することを考えているならば、なるべく早いほうがいいんじゃないかなと思います。 -経験できるうちにしておいたほうがいいということですか? 村野様:そうですね。あと若いときの吸収力はすごいですから。行くと決めているなら早い方がと、皆で話していました。悩んでいるなら行っちゃったほうがいいよ、とか、語学の勉強を始めている子は行ったほうがいいよ、とか。今回一緒だった高校生も行くなら早めのほうがいいよと言われて決断したと言っていました。 -留学前に準備しておいたほうがいいこと、しっかりやっておいたほうがいいことは何かございましたか? 村野様:多分音楽は皆さんちゃんとやっていると思うので、語学ですね。 -村野様は、先生と通訳さんを通さずに何かお話されましたか? 村野様:自己紹介は頑張ってみました。お店でちょっとだけ、ドイツ語で注文とか、それは勉強しておいたので。 -上手くいきましたか? 村野様:1人で移動しているときは、お金のこともなるべくドイツ語で。向こうもちゃんと聞いてくださって。ゆっくりだったので、これがもっとスムーズにできるといいなとも思いました。 -やはり第一に語学という感じですかね。 村野様:そうですね。 -では最後ですが、今後の活動について何かご予定などございますか? 村野様:今まで通りで、演奏と指導の両立をして、できたら演奏を増やせたらいいなと思っています。 -今回の講習会でのご経験を生かして頑張ってください!本日はありがとうございました。

O・Eさん/ウィーンでの語学+バレエ研修

-O.Eさんの簡単なプロフィールをお話いただけますか? O.E様:クラシックバレエを3歳ごろからやっていて、今は少しだけですけど、アシスタントとしてクラシックバレエの教室でやっています。 -今回短期留学をしてみようと思ったきっかけがありましたら教えていただけますか? O.E様:単純に、この時期しかやりたいことができないというか、今だけならいろいろな好きなことをやって、いろいろ学べる時期だなと思ったので、今だなと思って、決めちゃいました。 -今しかないと思ったということは、大学をご卒業されたあとは就職をお考えということですかね? O.E様:それの見極めもありました。就職をしなきゃいけないという時期に入ったらもう何もできなくなっちゃうから、だから今就活をする前にも、就活をするのか、そのほかの道を選ぶのかということも考えるために行きました。 -今回語学のクラスとダンスのクラスと両方受講されたかと思うんですけど、1日の向こうでのタイムスケジュールを教えていただけますか? O.E様:朝は、私は5時過ぎぐらいに起きて。 -早起きですね。 O.E様:朝食6時からとれるので、朝食は6時からとって、身支度とかいろいろして、10時くらいから語学の学校を、グループのときは10時過ぎに語学の学校に行って、お昼くらいに終わって、そのあとは、レッスンが夕方からあったので、その間はウィーン通りとかを歩いたりして、お買い物をしてレッスンに行くようなかたちでした。個人レッスンのときは、朝ちょっと遅めに起きて、朝食を6時、7時ぐらいにとって、お昼ぐらいに個人レッスンのほうに行くか、その前にちょっとだけ出かけてショッピングしたりして、夕方レッスンに行ってました。 -グループレッスンと個人レッスン両方受けられて、ご自身の中で、こういったところよかったなとか、こういったところは残念だったな、というのがあったら教えていただけますか? O.E様:語学のグループレッスンのときは、みんなの会話を聞いたりいろんな人の意見もあったり、あとその人自身から発したことからいろんなことを知れたり、あと同じグループの人と仲良くなって何回か一緒にいろんなところに行ったり、ご飯を食べに行ったりもできました。あと語学の個人レッスンのときは、自分と先生だけなのでいろいろ細かいところを見ていただいたりして、発音もいろいろ細かく見ていただけたので、両方味わうことができて自分的にはよかったと思っています。 -バレエのダンスのレッスンなんですけど、実際に受けてみて率直にどういう印象を受けましたか? O.E様:日本と違う感じが率直な意見でした。向こうの本場のレッスンというのは日本のレッスンと教え方も違いますし、皆さん年下とか同い年くらいの人でもものすごくレベルが高くて、1日目とか2日目は時差ボケがまだあったので、ものすごく体が大変だったんですけど、でもだんだん体が慣れてきて、いろんなことを集中しながらやれるようになってきたときからは、先生もいろいろ細かく指示してくれたらので、最終的に自分が苦手なところも克服できたり、日本の形式とは違うような感覚とか教え方が、こちらとしても教えるという目線でものすごく勉強になりました。 -アシスタントとしての目線で、こういう教え方あるんだ、みたいな感じで見ていたということですかね? O.E様:それもありますし、自分が教わる側で、どうやって教われたら、というふうに考えたりしたとき、ものすごく日本との差を感じたので、とても勉強になりました。 -ここが大きく違うな、と感じたところがありましたら教えていただけますか? O.E様:あまり日本では、私は立っている時点で上体が反っているというふうにはあまり言われなかったんですけど、ウィーンの先生は、ものすごく上体が後ろになっているって毎回のように注意をされていたので、向こうの人は上体をものすごく前へ前へ、と言っていて、それを意識しながらレッスンをしていたときに、ものすごく安定していたり、日本でレッスンをしたときも、ちょっと重心ずれたなと思ったときに、そのときの感覚で前にするようにすると、重心が直る感じで、日本ではなかったことが向こうで注意されて、とても学びました。 -バレエ以外にどんなクラスを受けましたか? O.E様:コンテンポラリーと、ストレッチのクラスを受けました。 -コンテンポラリーのクラスは、受けてみてどうでしたか? O.E様:日本でもコンテンポラリーのレッスンを受けたことはあったんですが、日本のコンテンポラリーとはまたちょっと違った感じで、床との差とかをものすごく感じて。床を這いつくばったりする振りもとても多かったり、日本の踊りとはまた全然違うような。あと使い方とか、できなかった部分もあったんですけど、肩の入れ方とかもものすごく難しくて。最初使い方が慣れなかったので、あざもよく作ったなと。 -結構フロアとかやると、あちこち青たんできますよね。 O.E様:結構ひりひり痛かったです。 -コンテとかは、先生が振りをくれて、それをみんなで一緒にやるというかたちですか?それとも、課題を与えられて、それに対して動くというようなかたちですか? O.E様:初めていった日は、皆さん生徒さんたちは、先週か先々週からもらっている振りもやっていて、それに私も加わって、その2週間くらいは、2回ぐらいはその同じ振りを復習というかたちで終わって、最後、コンテンポラリーのレッスンのときは、新しい振りとかで、あと動きをつけるような振りをその場でもらって、その場で生徒さんたちが踊るというかたちでした。 -O.Eさんの入られたクラスは、先ほど年下の子もいたり同年代の子がいたり、っておっしゃってましたけど、年齢層はどんな感じでしたか? O.E様:そうですね。基本的には、同じ年齢層が多かったので。ちょっと年下の子か、それか同い年ぐらいの人でした。 -レッスンは英語ですか?ドイツ語ですか? O.E様:基本的にはドイツ語で、先生が、英語かドイツ語、どっちができる?と言われて、英語です、と言ったら、最初のほうは英語で言ってくださったんですけど、やはり先生方も普段はドイツ語でしゃべられているので、普通にドイツ語に戻ったりして数字とかはドイツ語ができたので、基本的にはドイツ語でした。 -バレエはある程度見たらできると思うんですけど、コンテとか結構大変でしたか? O.E様:コンテは、まず慣れない振りが多かったので、見よう見まねでやる感じでした。 -個人的に注意をもらうときは英語だったんですか? O.E様:そうです。基本的には英語で注意していただいていました。 -英語での注意はある程度、なんとなく理解できる感じでしたかね? O.E様:はい。 -今回行ってきた中で一番印象的になっている、行ってよかったなと思うことがあったら教えてもらえますか? O.E様:まず、レッスンを受けて、自分の実になることばかりだったということと、あとは現地でフォルクスオーパーのほうでチケットがとれて。本当はオペラハウスのほうで『白鳥の湖』を観たかったんですけど、満席でチケットがとれなかったので、フォルクスオーパーのほうで『コッペリア』を見に行きました。『コッペリア』を観たときに、日本の表現と向こうの人の表現の人の差もありましたし、レッスンを受けているときに、上体が前だよと言われたときを思い出させるような向こうの人の踊りで、『コッペリア』を踊っている人たちって基本的にものすごく上体が前だったり、日本人との踊りの差を感じました。 -普段の生活のことに戻りますが、ホテルがスタジオからすごく近いところにあったかと思うんですけど、何かホテルの生活で困ったこととかありましたか?洗濯とか、部屋が寒かったとか。 O.E様:ヒーターは暖かったです。家の中はすごく暖かったので、どこ行っても基本的には暖かくて。初日に、向こうの建物なのでしょうがないんですけど、2階で29.9キロでギリギリのラインの重さのトランクを持っていったんですけど、29.9キロを2階まで、階段しかなかったので、頑張って一段一段持ち上げながら2階まで運びました。食堂とかもものすごく暖かったり。あと、朝ご飯も、生活に慣れれば、向こうのご飯も慣れました。 -朝はビュッフェみたいな感じで、パンとチーズがあって、コーンフレークとかを自由にとって、という感じですかね? O.E様:はい。 -お昼や夜ご飯はどんなものを召し上がってましたか? O.E様:屋台というか出店みたいな、オペラハウスの近くにあって、日本食がものすごくおいしかったので、タイ米だったんですけど、お米を食べたり、あと向こうの郷土料理を、お昼に食べに行ったり。あとは、スーパーの中の量り売りされているものを、ご飯と、あと野菜とかを中心に買ったりして、お昼は食べたりしました。 -それはお一人で買い物されたんですか? O.E様:基本的に一人で行ってました。 -買い物とかしてて、怖いこととかなかったですか? O.E様:基本的にはなかったです。治安はすごくいいと思いました。ホテルの近くのバスから歩く間、ほんの少しのところが、フォルクスオーパーから帰ってきた日がちょっと夜遅かったので、そのとき気がついて、そんな夜遅くに出たので、ちょっと怖かったですけど、基本的にそんな遅く帰ることなんてなかったので、そんなに怖いと思うことはなかったです。 -劇場行くと、終演が遅いですもんね。 O.E様:そうですね。 -これから留学、ウィーンに行きたいなと思っている人にアドバイスか何かあったら教えていただけますか? O.E様:同じコースというか、バレエと語学で行かれる方ですか? -そうですね。もしくは語学に集中したほうがいいのか、バレエならバレエのほうがいいのかとか、何かご意見があったら教えていただけますか? O.E様:観光地も集まっているので、観光もできますし、バスとかトラムとか電車も、乗り方を覚えてしまえば案外遠くまで行けますので、観光面についてはものすごくいろんなところに行けるので楽しいと思いますし、向こうの人も優しい人が多かったので、語学学校に通ったときにもいろんな人に教われると思います。あと向こうの人は日曜日お休みなので、日曜日は外に出ている人が多いので、お天気のいい日とか、日向ぼっこしに私も行ったんですけど、日向ぼっこしに公園に行って、そこで私も話しかけられて、ずっと長い時間しゃべっていたんですけど、そこでもいい出会いもありますし、語学の面でも、バレエも本場なので、ものすごくいい刺激になると思いますし、一人で出ていってわからないことばかり、というのもありましたけど、でも出てみると、日本の違いを学べていいかなと思います。 -今回行ってみて、いろいろ今後のことを考えたいとおっしゃってましたけど、現段階ではどうお考えですか?留学するのか、就職するのか、とか。 O.E様:まだ決めかねてはいるんですけど、根占さんとお話させていただいて、根占さんは、ワーキングホリデーでこっちに来て、それでレッスンをしにまたこっちに戻ってきたら?ってという提案もしていただいて。そういった感じで、ワーキングホリデー向こうに行くという道と、あと、留学をする道と、あとは、全くバレエと関係ない道の就職をするかの3択に今なっています。 -そうなんですね、今日は貴重なお話しをどうもありがとうございました。

海外国際音楽コンクールのご参加をアンドビジョンがフルサポート!

03-5577-4500

info@andvision.net

Join Us On

アンドビジョンからのニュースレター