北京国際音楽コンクール/Beijing International Music Competition

世界と未来を見つめる隣国中国が誇る、唯一のクラシック音楽コンクールで実力を発揮。

2011年の第4回は弦楽四重奏が対象。受賞すれば、賞金はもちろん、コンサート、テレビ放送、マスタークラスなど、自信につながる経験が得られます。

北京国際音楽コンクールは、2006年に初開催。中国のクラシック音楽教育文化プロジェクトとして、世界中から、一流音楽家そして若手音楽家を中国に迎えるという目的の下に始まりました。主催・運営は、北京の国際文化振興企業と中国音楽家協会、そして、在中国ドイツ大使館、同イタリア大使館、杭州交響楽団などが協力。現在、中国で唯一行われている、クラシック音楽のコンクールとして知られ、その活動と内容は国内外で注目を集めています。2006年の第1回はフルート、2009年の第2回はクラリネット、2010年の第3回はチェロ、2011年は弦楽四重奏、2012年はフルートのコンクールが行われました。これらの受賞者には、今や世界中で演奏活動を行うデニス・ブリアコフや、ロイク・シュネイデル、近藤千花子といった数々の国際コンクールで受賞を果たしている実力者が選ばれています。
そして2013年の第6回は、2回目のクラリネットのコンクールとなります。審査には、予備選考から一次、二次、セミファイナル、ファイナルという、長い階段が待っています。そのため、受賞に至れば、技術、センス、気力、体力、運、すべてを兼ね備えた音楽家として認められ、過去の受賞者たちのように、最高の栄誉を受けることができるでしょう。また、受賞コンサートはテレビで放送されますので、知名度アップも間違いありません。コンクール後に行われる、コンサートやマスタークラスも魅力です。さらに二次審査では、コンクールのために現代の作曲家が特別に書き下ろす作品が課題曲に提供され、新しい楽曲との出会いも楽しみの1つと言えます。
同コンクールは、期間中の参加者と審査員の接触はルール違反とされるほど、公正さと厳密なコンクール遂行が特徴です。フェアな審査で知られる北京国際音楽コンクールで、堂々と勝負してみませんか。

電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL03-3278-3450

詳細を読む

■コンクール日時■
2013年5月10日~18日
■開催周期■
毎年
■部門■
クラリネット(2013年度)
■審査方法■
[CD/DVD審査]
予備選考

[ライブ審査]
一次審査、二次審査、三次審査、ファイナル
■課題曲■
予備選考:a) フランソワ・ドヴィエンヌ「ソナタ第2番変ロ長調」、ジャン・グザビエ・ルフェーブル「ソナタ変ロ長調」のいずれか、b)ルイ・シュポーア「アルルーナの旋律による変奏曲」、フェルッチョ・ブゾーニ「コンチェルティーノ Op.48」のいずれか c)カイヤ・サーリアホ「Duft」、ハラルド・ゲンツマー「Fantasie」、ルチアーノ・ベリオ 「Lied」
一次審査:a)ドニゼッティ「練習曲」、b)ハンス・ウルリッヒ・レーマン 「モザイク」、エディソン・デニソフ「ソナタ」のいずれか
二次審査:a)マックス・レーガー「ソナタ変イ長調Op.49-1」、フェリックス・メンデルスゾーン「ソナタ変ロ長調」、カミーユ・サン=サーンス「ソナタ変ロ長調Op.167」b)ボフスラフ・マルティヌー「ソナチネ」、ハラルド・ゲンツマー「ソナチネ」、ダリウス・ミヨー「ソナチネ」 c) 特別曲
三次審査:パウル・ヒンデミット「ソナタ」、b) アマデウス・モーツァルト「三重奏 KV498 「ケーゲルシュタット」変ホ長調」、ロベルト・シューマン「おとぎ話 Op.132 変ロ長調」
ファイナル:a) アマデウス・モーツァルト「協奏曲 イ長調 KV 622」、ルイ・シュポーア「協奏曲ハ短調 Op.26」のいずれか b) クロード・ドビュッシー「 狂詩曲第一番」、ダリウス・ミヨー「スカラムーシュ」のいずれか
■参加資格■
1981年5月8日以降に生まれた32才までの方
■必要書類■
申込書、履歴書、写真(裏に名前を明記)(3葉)、パスポートのコピー(2枚)、ディプロマや音楽証明書のコピー、推薦状、他のコンクールに参加経験があれば証明書のコピー、予備選考のためのCD/DVD、申込金

■伴奏者■


オフィシャル伴奏者を依頼できます
(ご自分で伴奏者を用意する場合、伴奏者の旅費や宿泊代などは参加者負担となります)

■審査員■
後日公開
■賞金など■
1位(グランプリ):30,000ドル、優勝カップと証明書、レコーディングなど
2位:15,000ドル、メダルと証明書
3位:8,000ドル、メダルと証明書
4位、5位、6位、新作最優秀解釈賞:1000ドル、証明書
※受賞者は受賞コンサートで演奏、テレビ放送あり
※受賞者はコンクール終了後催事への出演予定
■参加費■
100ドル

※コンクール参加費以外に、別途、アンドビジョンのサポート費が必要です(アンドビジョンサポートサービス一覧)。詳細は、アンドビジョンカウンセラーまでお問い合わせください。
■宿泊などの補助■
事務局が提供予定

※アンドビジョンによって、別途費用で宿泊の手配可能です。
■過去の受賞者例■
ロイク・シュネイデル、デニス・ブリアコフ、小山裕幾、近藤千花子、サンチャゴ・キャノン・バレンシアなど
■その他■
---


■締め切り■
2013年2月2日

■注意事項■
(1)アンドビジョンでは、コンクール申込み手続きサポート、オーディションCD作成、現地レッスン手配、練習室手配、宿泊先手配、通訳手配、現地サポートなどのサービスをご提供しております。開催地やお客様のお申し込み内容によって、サポート内容が異なります。詳細はアンドビジョンカウンセラーまでご相談ください。
(2)コンクールの申込条件・料金などは、お客様それぞれの条件によって異なることがありますのでアンドビジョンカウンセラーまでご相談ください。
(3)2013年11月1日現在の情報です。上記情報は、コンクール事務局によって変更される場合がありますので予めご了承ください。また該当年度の詳細が、原稿掲載時に未発表の場合、前回の情報となっていることがありますので予めご了承ください。

■補足■
格安航空券、海外旅行傷害保険等は別途手配可能ですのでお問い合わせください。

電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL03-3278-3450
レビュー・体験談を投稿する
お名前
コメントタイトル
コメント
さらに探してみますか?
この条件で: or or or

海外国際音楽コンクールのご参加をアンドビジョンがフルサポート!

平日 10:00-20:00 土曜 10:00-15:00 祝日 10:00-15:00(3~7月)

03-3278-3450

info@andvision.net

Join Us On

アンドビジョンからのニュースレター