ミュンヘン国際音楽コンクール/ARD International Music Competition Munich

フィナーレはあのバイエルン放送交響楽団との共演です。ミュンヘン国際音楽コンクール

ソリストとしてのキャリアの第一歩に相応しいと誰もが認めるコンクールです。ドイツの公共放送ネットワークより、世界に羽ばたく可能性が広がります

ドイツ公共放送連盟、ARDが主催し、ドイツ、ミュンヘンで行われているコンクール、毎年異なった数部門が開催されます。特に管楽器部門においては他の追随を許さない世界最高の権威あるコンクールです。ミュンヘンの公共放送局はバイエルン放送ですが、この局はドイツ一の放送オーケストラ、ラファエル・クーベリック、ロリン・マゼールなど世界の名だたる指揮者達が在任しています。現在では世界最高の指揮者のひとり、マリス・ヤンソンスが首席指揮者としてタクトをとっているバイエルン放送交響楽団を抱え、ミュンヘン国際音楽コンクールではこのバイエルン放送交響楽団が贅沢にもコンクールのファイナリストの伴奏を務めます。セミファイナルでの指揮者なしのコンチェルトでは、こちらも名人揃いのミュンヘン室内管弦楽団があなたをサポート。放送局主催のコンクールだけあり、コンクールの様子は逐一録画され、放送、CD制作やもちろんインターネット上でルポが行われたりと、メディア対策が万全なのも特徴です。優勝者には5つのコンサートまたは録音等の制作が確約されていますが、その他にもバイエルン放送交響楽団を始め、複数の放送オーケストラからのオファーの可能性は大。さらにファイナルから受賞者コンサートにかけ、ザルツブルク・モーツァルトテウム財団や、シュベツッインゲン音楽祭、サンクトペテルブルク・ミュジカル・オリンポス音楽祭など、ドイツ国内外100近くの団体やフェスティバルが招かれ、受賞者達にコンサートを提供します。特別賞の賞金やコンサートも多数。今日の挑戦があなたに明日の舞台をもたらします。

電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL03-3278-3450

さらに読む

■コンクール日時■
2013年9月2日~20日
※楽器によって異なります。
■開催周期■
毎年
■部門■
【2013年度】
ヴァイオリン、ヴィオラ、ファゴット、ピアノトリオ
【2014年度】
ピアノ、チェロ、打楽器、金管五重奏
【2015年度】
声楽、フルート、トロンボーン、ピアノデュオ
【2016年度】
コントラバス、ハープ、ホルン、弦楽四重奏
■審査方法■
CD録音審査、ライブ審査(一次審査、二次審査、セミファイナル、ファイナル)
■課題曲■
【ヴァイオリン】
【CD審査】パガニーニなどの課題曲
【一次審査】30分、バッハなど課題曲より選択
【二次審査】モーツァルトなど課題曲より選択
【セミファイナル】委嘱新作、ハイドンなど課題曲のコンチェルトより選択
【ファイナル】シベリウスなど課題曲のコンチェルトより選択

【ヴィオラ】
【CD審査】バッハなどの課題曲
【一次審査】20~25分、ヒンデミットなど課題曲より選択
【二次審査】40~45分、シューベルトなど課題曲より選択
【セミファイナル】 委嘱新作、スターミッツなど課題曲のコンチェルトより選択
【ファイナル】シュニトケなど課題曲のコンチェルトより選択

【ファゴット】
【CD審査】バッハなどの課題曲
【一次審査】ロッシーニなど課題曲より選択
【二次審査】サン=サーンスなど課題曲より選択
【セミファイナル】委嘱新作、ヴィヴァルディなど課題曲のコンチェルトより選択
【ファイナル】ジョリヴェなど課題曲のコンチェルトより選択

【ピアノトリオ】
【CD審査】ハイドンなどの課題曲
【一次審査】ブラームスなど課題曲より選択
【二次審査】モーツァルトなど課題曲より選択
【セミファイナル】 委嘱新作、ラヴェルなど課題曲より選択
【ファイナル】ヘンツェ作曲カンマーソナタ、シューベルトD898またはD929
■参加資格■
【ヴァイオリン、ヴィオラ、ファゴット】
1984年から1996年の間に生まれた17歳から29歳までの方
【ピアノトリオ】
メンバーの合計年齢が90歳を越えないこと
■必要書類■
参加申込書、推薦状2通、CD録音、履歴書、写真1葉、録音技術者証明、学生は指導者の参加許可書
■伴奏者■
伴奏者は同伴が可能です。
■審査員■
ロバート・レビンなど
■賞金など■
【ヴァイオリン、ヴィオラ、ファゴット】
1位:10000ユーロ
2位:7500ユーロ
3位:5000ユーロ

【ピアノトリオ】
1位:18000ユーロ
2位:13500ユーロ
3位:9000ユーロ

黒い森音楽祭賞:3000ユーロとコンサート
聴衆賞:各部門1500ユーロ
委嘱作品最優秀演奏賞:各部門1000ユーロ
ミュンヘン室内オーケストラ賞:1000ユーロ
BR-クラシック賞:1000ユーロ
ベーレンライターマニュスクリプト賞:楽譜1000ユーロ分
その他多数

受賞者は受賞者コンサートに出演できます。
優勝者にARD主催のコンサートまたは録音5件が贈られます。
複数の放送オーケストラにソリストとして招待される可能性があります。
各種オーケストラ、フェスティバル等に出演のオファーがある可能性があります。
■参加費■
【ヴァイオリン、ヴィオラ、ファゴット】
100ユーロ
【ピアノトリオ】
150ユーロ
※コンクール参加費以外に、別途、アンドビジョンのサポート費が必要です(アンドビジョンサポートサービス一覧)。詳細は、アンドビジョンカウンセラーまでお問い合わせください。
■宿泊などの補助■
二次審査より出場される参加者の宿泊費と食費が支給されます。
※アンドビジョンによって、別途費用で宿泊の手配が可能です。
■過去の受賞者例■
東京クヮルテット、田中淑恵、伊藤恵、久保田巧、清水直子、岡崎慶輔、ハインツ・ホリガー、カール・ライスター、ヘルマン・バウマン、モーリス・アンドレ、ブラニミール・スローカー、ラデク・バボラークなど
■その他■


■締め切り■
2013年3月31日

■注意事項■
(1)アンドビジョンでは、コンクール申込み手続きサポート、オーディションCD作成、現地レッスン手配、練習室手配、宿泊先手配、通訳手配、現地サポートなどのサービスをご提供しております。開催地やお客様のお申し込み内容によって、サポート内容が異なります。詳細はアンドビジョンカウンセラーまでご相談ください。
(2)コンクールの申込条件・料金などは、お客様それぞれの条件によって異なることがありますのでアンドビジョンカウンセラーまでご相談ください。
(3)2013年2月17日現在の情報です。上記情報は、コンクール事務局によって変更される場合がありますので予めご了承ください。また該当年度の詳細が、原稿掲載時に未発表の場合、前回の情報となっていることがありますので予めご了承ください。
■補足■
格安航空券、海外旅行傷害保険等は別途手配可能ですのでお問い合わせください。

電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL03-3278-3450
レビュー・体験談を投稿する
お名前
コメントタイトル
コメント
さらに探してみますか?
この条件で: or or or

海外国際音楽コンクールのご参加をアンドビジョンがフルサポート!

平日 10:00-20:00 土曜 10:00-15:00 祝日 10:00-15:00(3~7月)

03-3278-3450

info@andvision.net

Join Us On

アンドビジョンからのニュースレター