ヨハネス・ブラームス国際コンクール/International Johannes Brahms Competition Pörtschach

2013年で第20回目を迎えるオーストリアの権威あるコンクール。

年齢制限はなし。ピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、声楽、室内楽の6部門で、幅広く世界中から輝く才能を求めています。

オーストリア南部のケルンテン地方にあるヴェルター湖畔の避暑地、ペルチャッハで開催されるヨハネス・ブラームス国際コンクール。年齢制限がなく、ピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、声楽、室内楽などの幅広い部門で開催される同コンクールは、毎年、40以上の国や地域から400名以上のコンテスタントが競い合い、数あるヨーロッパの国際コンクールの中でも根強い人気を誇ります。
本審査は、一次審査、セミファイナル、ファイナルの3段階で、いずれの部門も世界トップレベルの音楽家が審査を担当します。また、同コンクールの審査方法は、全審査段階が一般へ公開され、更に、各コンテスタントの演奏終了ごとに獲得ポイントが速やかに伝えられるなど、公平で明快なことで知られます。演奏終了後、直ちに評価を知ることができるのは、コンテスタントにとっても次のステップへとつながる貴重なアドバイスとなります。また、演奏を聴く一般聴衆にとっても、一流審査員が評価する音楽性やテクニックといったポイントも含めて聴き比べることができるのが魅力です。
課題曲は、いずれの部門もブラームスの作品の他、おなじみの作曲家による作品がずらりと並びます。また、多くのコンクールがファイナルでの協奏曲全楽章を課題としているのに対し、同コンクールの独奏楽器部門では、一部楽章を演奏することとしているのも特徴です。演奏する内容が限られた中で、より完成度の高いテクニックや音楽性が求められると言えるでしょう。
ブラームスやマーラーが訪れ、多くの主要作品を生み出した地で行われるコンクール。次回の開催は2014年の8月末からです。

電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL03-5577-4500

詳細を読む

■コンクール日時■
2014年8月30日~9月7日
■開催周期■
毎年
■部門■
ピアノ、室内楽、ヴァイオリン、チェロ、声楽
(2013年はヴィオラ部門なし)
■審査方法■
ライブ審査:(一次審査、セミファイナル、ファイナル)

※下記は2013年開催時の情報です。
■課題曲■
・ピアノ
【一次審査】ブラームス:指定課題曲から選択、任意の作品 合計20分
【セミファイナル】ブラームス:指定課題曲から選択、任意の作品 合計40分
【ファイナル】ブラームス、シューマン、ベートーヴェンの指定ピアノ協奏曲から選択、第一楽章のみ

・ヴァイオリン
【一次審査】パガニーニ:カプリースより1曲、または同等レベルの曲を選択、J.S バッハの課題曲より選択 合計10分
【セミファイナル】モーツァルトまたはハイドン:課題協奏曲より第一楽章とカデンツを選択、ブラームスまたはシューマン:指定のヴァイオリンとピアノのためのソナタより選択、ブラームス:F.A.E.ソナタ スケルツォ ハ短調または、ハンガリアン舞曲 合計30分
【ファイナル】ブラームス、シベリウス、チャイコフスキーの指定ヴァイオリン協奏曲から選択、第一楽章のみ

・チェロ
【一次審査】J.S バッハ:無伴奏チェロ組曲より第4番、第5番または第6番のプレリュード、A.ピアッティのカプリースまたはD.ポッパーのエチュードより1曲、6分程度のチェロ独奏のための現代曲 合計15分
【セミファイナル】ハイドン:チェロ協奏曲(ハ長調またはニ長調)より第一楽章とカデンツ、ブラームス:チェロソナタ第1番ホ短調Op.38または第2番ヘ長調Op.99より第一楽章、シューベルト:アルペジョーネ・ソナタより第一楽章 合計30分
【ファイナル】ドヴォルザーク、シューマン、チャイコフスキーの指定チェロ協奏曲から選択、ブラームス:チェロソナタ第1番ホ短調Op.38より第二楽章および第三楽章、第2番ヘ長調Op.99より第三楽章および第四楽章

・声楽
【一次審査】ブラームス:ドイツ民謡集より歌曲1曲、民謡1曲選択、指定作曲家の課題曲より1曲選択 合計10分
【セミファイナル】ブラームス:歌曲集より2曲選択、指定作曲家の課題歌曲より選択、出場者の母国語の民謡1曲 合計20分
【ファイナル】ブラームス:歌曲集より3曲選択、および任意の作曲家の作品 合計20分

・室内楽
【一次審査】ブラームスによる作品より第一楽章、20世紀後半以降に書かれた4~5分程度の作品(作品の中の一部楽章でも可)、任意の作曲家による作品 合計25分程度
【セミファイナル】ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、フンメルなどのウィーン古典派による主要作品 合計30分
【ファイナル】ブラームスの作品を含む45分程度の任意のプログラム
■参加資格■
年齢制限なし
■必要書類■
参加申込書(オンライン)、プログラム用ポートレート写真、履歴書
■伴奏者■
主催者側で手配。出場者側で手配も可(その場合の諸経費は出場者側で負担)。
■審査員■
著名演奏家や教授、コンサートのオーガナイザーなどで構成
■賞金など■
【ピアノ、ヴァイオリン、チェロ】
1位・・・2,500ユーロ
2位・・・1,500ユーロ
3位・・・750ユーロ

【声楽】
1位・・・2,500ユーロ
2位・・・1,500ユーロ
3位・・・750ユーロ
伴奏者賞:1,500ユーロ

【室内楽】
1位・・・3,500ユーロ
2位・・・2,000ユーロ
3位・・・1,000ユーロ
上記以外に奨学賞、聴衆賞、および関係機関からの特別賞などあり
■参加費■
独奏楽器演奏者:110ユーロ
アンサンブル:メンバー1名につき80ユーロ
声楽:110ユーロ
■宿泊などの補助■
各自で手配
※アンドビジョンによって、別途費用で宿泊の手配が可能です。
■過去の受賞者例■
木下 敦子(ピアノ)、ストラトスカルテット(室内楽)、イオアナ・クリスティーナ・ゴイチャ(ヴァイオリン)、ハー・ジャキョン(チェロ)、オドゥール・ジョンソン(声楽)など
■その他■
・・・


■締め切り■
・・・

■注意事項■
(1)アンドビジョンでは、コンクール申込み手続きサポート、オーディションCD作成、現地レッスン手配、練習室手配、宿泊先手配、通訳手配、現地サポートなどのサービスをご提供しております。開催地やお客様のお申し込み内容によって、サポート内容が異なります。詳細はアンドビジョンカウンセラーまでご相談ください。
(2)コンクールの申込条件・料金などは、お客様それぞれの条件によって異なることがありますのでアンドビジョンカウンセラーまでご相談ください。
(3)2013年10月17日現在の情報です。上記情報は、コンクール事務局によって変更される場合がありますので予めご了承ください。また該当年度の詳細が、原稿掲載時に未発表の場合、前回の情報となっていることがありますので予めご了承ください。

■補足■
格安航空券、海外旅行傷害保険等は別途手配可能ですのでお問い合わせください。

電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL03-5577-4500
レビュー・体験談を投稿する
お名前
コメントタイトル
コメント
さらに探してみますか?

海外国際音楽コンクールのご参加をアンドビジョンがフルサポート!

月~金 10:00~19:30 土日 10:00~16:00
休日 祝日(土日は営業しています)

03-5577-4500

info@andvision.net

Join Us On

アンドビジョンからのニュースレター