リヨン国際室内楽コンクール/Concours International de Musique de Chambre

2004年から始まったリヨン国際室内楽コンクール。次回は記念すべき第10回目の開催です。

異なる部門が入れ替わり毎年開催されるフランスのリヨン国際室内楽コンクール。
2014年は、ピアノとヴァイオリンのデュオが募集の対象です。

世界文化遺産にも登録された、美しい街並みを誇るリヨン。近代都市としての機能と歴史的建造物が見事に調和するフランス第2のこの都市で、毎春、リヨン国際室内楽コンクールが開催されています。
このコンクールが初めて開催されたのは、2004年のこと。その後、2006年に国際音楽コンクール世界連盟に加盟し、過去、声楽とピアノのデュオから金管五重奏まで幅広く、年ごとに部門を変えて開催されてきました。
これまで迎えた音楽家の数は、27カ国から300人以上にもなります。日本からは、2006年、ソプラノの谷村由美子さんがピアノとのデュオで見事優勝。続く2007年にはピアニストの松本望さんがヴァイオリンとのデュオで優勝および特別賞を獲得するなど、活躍が目立ちます。
審査員は、その年ごとの開催部門に合わせて、毎回関連する分野で国際的に活躍する音楽家で構成されます。日本からも東京クヮルテットで第1ヴァイオリンを長年務めた原田幸一郎氏や、ピアニストや作曲家として国内外で名高い野平一郎さんなどが審査員を務めました。第一線で活躍する室内楽の名手たちから評価を得られるこの機会は、参加者の個性や音楽性の向上に必ずプラスになることでしょう。
次回は、初めての開催から10回目の記念の年。7年ぶりにピアノとヴァイオリンのデュオが募集の対象です。ぜひ、パートナーとのチームワークで、春めくリヨンの町にあなたの音楽を届けてください。

電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL03-5577-4500

詳細を読む

■コンクール日時■
2014年4月27日~30日
※2014年詳細は随時更新されます。
■開催周期■
毎年
■部門■
2014年はヴァイオリンとピアノのデュオ(開催年によって異なる)
■審査方法■

■課題曲■

■参加資格■
30歳までの方
■必要書類■

■伴奏者■

■審査員■
2014年度の審査員は未定。これまでに審査員を務めたのは原田幸一郎、野平一郎、ドナ・ブラウン、ヘドウィグ・ファスベンダー、フィリップ・カサード、ジョン・ギルフーリ、ウルフギャング・ホルツマイアー、フランソワ・ル・ルー、ロジャー・ヴィグノールスなど。
■賞金など■

■参加費■

■宿泊などの補助■

※アンドビジョンによって、別途費用で宿泊の手配が可能です。
■過去の受賞者例■
谷村由美子(声楽とピアノとデュオ)、松本望(ヴァイオリンとピアノのデュオ)、デュオコントラステ(フランス)、エブロン金管五重奏団(ベルギー)、ヴァン・バールレトリオ(オランダ)、エルメス弦楽四重奏団(フランス)など
■その他■


■締め切り■
2014年1月31日

■注意事項■
(1)アンドビジョンでは、コンクール申込み手続きサポート、オーディションCD作成、現地レッスン手配、練習室手配、
宿泊先手配、通訳手配、現地サポートなどのサービスをご提供しております。開催地やお客様のお申し込み内容によって、
サポート内容が異なります。詳細はアンドビジョンカウンセラーまでご相談ください。
(2)コンクールの申込条件・料金などは、お客様それぞれの条件によって異なることがありますのでアンドビジョンカウンセラーまで
ご相談ください。
(3)2013年8月30日現在の情報です。上記情報は、コンクール事務局によって変更される場合がありますので予めご了承ください。
また該当年度の詳細が、原稿掲載時に未発表の場合、前回の情報となっていることがありますので予めご了承ください。

■補足■
格安航空券、海外旅行傷害保険等は別途手配可能ですのでお問い合わせください。

電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL03-5577-4500
レビュー・体験談を投稿する
お名前
コメントタイトル
コメント
さらに探してみますか?

海外国際音楽コンクールのご参加をアンドビジョンがフルサポート!

平日 10:00-20:00 土日 10:00-18:00 祝日 10:00-18:00(4~5月)

03-5577-4500

info@andvision.net

Join Us On

アンドビジョンからのニュースレター