ヨハン・セバスチャン・バッハ国際音楽コンクール/International Johann Sebastian Bach Competition

バロックに興味がありますか? ヨハン・セバスチャン・バッハが好きですか?

古楽器やバロック音楽を専門に勉強されている方に。
また、バッハを愛する全ての方に。
ヨハン・セバスチャン・バッハ国際音楽コンクール。

ヨハン・セバスチャン・バッハが後半の半生を過ごし、聖トーマス教会のカントルや市の音楽監督として活躍した町ライプツィヒ。この地で、マタイ受難曲を始め、数々の名曲が書かれました。今日では大バッハの偉業を称え、毎年初夏に100ものイベントが行われるライプツィヒ・バッハ音楽祭が開かれ、世界中から多くのバッハファンを集めています。その音楽祭の一環として、2年に一度行われるのがヨハン・セバスチャン・バッハ国際音楽コンクールです。
このコンクールでは、ピアノ、チェンバロ、ヴァイオリン/バロックヴァイオリン部門と、 オルガン、声楽、チェロ/バロックチェロ部門が、交互に開催されます。この楽器の選択から分かるように、コンクールのテーマは大バッハとその同時代の作曲家達、チェンバロ(ハープシコード)による伴奏、バロックオーケストラによるコンツェルトの演奏など、古楽の素養のある演奏者には堪えられない課題曲のラインナップ。しかし、コンクールの参加はモダン楽器や、モダンの調律でも可能となっていて、古楽の知識がある方のみならず、音楽性豊かな演奏家に幅広く門戸を開いています。
バッハ・アルヒーフの主催によるコンクールだけあり、マスターコースが開催されたり、さらにコンクールの参加者の中からも、次回のマスターコースに参加するための奨学金が授与されるなど、若手音楽家の育成と教育も重視しています。音楽祭に出演する国際的に著名な音楽家たちに刺激を受け、更に造詣の深い専門家から教えを得ることのできるチャンス。古楽を専門に勉強されている方だけではなく、音楽の幅を広げたい全ての若手演奏家にお勧めできるコンクールです。

電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL03-5577-4500

詳細を読む

■コンクール日時■
2014年7月9日~19日
※楽器によって異なります。
■開催周期■
隔年
■部門■
ピアノ、チェンバロ、ヴァイオリン/バロックヴァイオリン、オルガン、声楽、チェロ/バロックチェロ
※2014年の開催部門は:ピアノ、チェンバロ、ヴァイオリン/バロックヴァイオリンとなります。
■審査方法■

■課題曲■

■参加資格■
16歳から33歳までの方
■必要書類■

■伴奏者■

■審査員■

■賞金など■
1位:10000ユーロ
2位:7500ユーロ
3位:5000ユーロ
マスターコース参加の奨学金が授与されます。
■参加費■

※コンクール参加費以外に、別途、アンドビジョンのサポート費が必要です(アンドビジョンサポートサービス一覧)。詳細は、アンドビジョンカウンセラーまでお問い合わせください。
■宿泊などの補助■

※アンドビジョンによって、別途費用で宿泊の手配が可能です。
■過去の受賞者例■
タチアナ・ニコラーエワ、カール・リヒター、ヴァレリー・アファナシエフ、オレク・カガン、今仲幸雄、石井健三、植村理葉、玉井菜採、佐藤俊介など
■その他■
マスターコースが同時に行われます。


■締め切り■


■注意事項■
(1)アンドビジョンでは、コンクール申込み手続きサポート、オーディションCD作成、現地レッスン手配、練習室手配、宿泊先手配、通訳手配、現地サポートなどのサービスをご提供しております。開催地やお客様のお申し込み内容によって、サポート内容が異なります。詳細はアンドビジョンカウンセラーまでご相談ください。
(2)コンクールの申込条件・料金などは、お客様それぞれの条件によって異なることがありますのでアンドビジョンカウンセラーまでご相談ください。
(3)2013年2月15日現在の情報です。上記情報は、コンクール事務局によって変更される場合がありますので予めご了承ください。また該当年度の詳細が、原稿掲載時に未発表の場合、前回の情報となっていることがありますので予めご了承ください。
■補足■
格安航空券、海外旅行傷害保険等は別途手配可能ですのでお問い合わせください。

電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL03-5577-4500
レビュー・体験談を投稿する
お名前
コメントタイトル
コメント
さらに探してみますか?

海外国際音楽コンクールのご参加をアンドビジョンがフルサポート!

平日 10:00~20:00 土日 10:00~18:00
休日 土日を除く祝日はお休みをいただいております。

03-5577-4500

info@andvision.net

Join Us On

アンドビジョンからのニュースレター